こんにちわ。海を愛して止まない早川ゆうき(@yukiukkiy)です。

実はぼく、海沿いの地域に家を建てる予定です。段取りは少しずつですが組み始めています。

しかし、海沿いの地域に家を建てるとなると、気になるデメリットが一つありますね。

・・・そう!  塩害です!

塩害(えんがい)とは、塩分によって農作物その他の植物や電気設備、鉄、コンクリート構造の施設などが害を受けること。 一般的には海沿いの地域で多く発生する。引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/塩害

海沿いの地域で暮らすとなると、塩害は切っても切れない問題です。その問題から逃れることは不可能なので、うまく塩害と向き合っていくしかありません。

・・・と、ぼくの嫁の『エンナ』に相談してみたところ、思わぬ応えが返ってきました。

妻

おまえは塩害を悪いようにしか見てない。

早川ゆうき

な、なにっ!?

妻

塩害と向き合う!?
もっと向き合うべきものがあるだろ!?

早川ゆうき

はっ!?

本当に向き合うべきは塩害ではなく「家」

海沿いの家で最も心配なのが、潮風による塩害によって外壁の劣化スピードを促進させてしまうことです。外壁の内部がサビついてしまうこともあります。

早川ゆうき

これじゃ、修繕費用もバカにならないな・・・。

妻

外壁をこまめに洗えばいいだろ。

早川ゆうき

外壁を・・・洗う!?

完全に盲点でした。今まで賃貸だったので「外壁を洗う」という発想がなかったのです。

調べてみると、潮風によって外壁に付着しまった塩は、高圧洗浄機を使えば簡単に洗い落とすことができるようです。

これで外壁の劣化スピードを抑えることができそうですね!

妻

家に愛着だって増すでしょ?

人生で一番高い買い物よ。
それくらい手間をかけて大事にしてやってもいいじゃない。

早川ゆうき

ぼくは家を「モノ」としか見てなかったのかも・・・。

妻

家はあたしたちの「未来」よ!

早川ゆうき

・・・未来!!

なんだか、ぼくの「家」に対する考え方を「塩害」が変えてくれたみたいでした。

妻

いや、変えたのあたし!!

まとめ

家の外壁をメインに話しましたが、その他にも塩害の影響を受けるものは多いでしょう。エアコンの室外機、クルマ、自転車、いろいろありますね。

しかし、エアコンの室外機は水洗いすれば故障を防げるし、クルマや自転車もこまめに洗車すればサビることはないんです。

これらは「モノ」ですが、生きていくために必要なものです。もっと大事にしていいはずです。

要するに・・・

モノを大事にしていれば自ずと害から守れるんです。

ぼくは塩害なんて怖くありませんよ。家を建てますとも。塩害よりも、その家で作っていける未来をただ考えていくことにします。

え?  津波を忘れてる?

ジーザス!!