スズキ・アルトバン(HA36V型)という軽自動車をご存知ですか?

「アルト」は馴染みがあると思いますが、「アルトバン」もまた非常に魅力的な軽自動車です。セカンドカーで欲しいくらいです。

アルトバンとは?

アルトバン

アルトにはセダンとバンの2つのタイプが存在しますが、後者は「アルトバン」と呼ばれます。

対してセダンは「アルトセダン」とは一般的に呼びません。「アルト」と呼びます。ほとんどの場合はこちらを購入することになります。

と言うのもアルトバンは商用車(4ナンバー)になるので、こちらはビジネス用途で選ばれる場合がほとんどです。

でも今回あえて紹介するのは、アルトバンです。もちろん一般でも商用車は購入可能ですよ。

アルトバンの魅力

70万円で新車が買える

アルトバンの新車価格はなんと69万6600円(税込)から。この価格で新車が買えるのはすごいことです。

アルトバンの価格

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/alto_van/detail/

ちなみにアルトバンのトランスミッションには「MT」と「AGS」の設定がありますが、おすすめしたいのは後者です。

AGSは、MTをベースにクラッチやシフト操作を自動で行うトランスミッションです。MTより少し高いですが、MTとATのメリットを兼ね備えていて変速操作もなかなか楽しいです。

僕はアルトバンの購入を本気で考えていた時期があり、「2WD/5AGS」で見積もったら総額86万円ほどでした。新車の見積もりで100万円を切ったのは、アルトバンが初めてです。

新古車もあったのでそちらも見積もったら、なんと総額60万円ほどでした。初期費用を抑えたいなら新古車ですね。

超軽量ボディによる軽快な走りが楽しい

アルトバンは類を見ないほど超軽量です。「2WD/5MT」は610kg、「2WD/5AGS」は620kgしかないので、軽快でスポーティーな走りを楽しむことができます。

AGSは、ドライバー自身でギアチェンジできる点も楽しいです。変速スピードは速くはないですが、大きな不満を感じるほどではありません。

AGSを買うなら、オーバーテックの『WRシフトアダプター』も合わせて買いたいところです。純正シフトノブに装着するだけで、レーシーなシフト操作を楽しめますよ。

デザインが個性的で愛着が湧く

アルトのデザイン

アルトバンは安くて運転が楽しい上、デザインが個性的で素敵。中でもフロントフェイスはメガネをかけてるみたいで可愛いです。

リアはレトロな雰囲気がありますが、古臭さを感じさせないアルトらしいデザインという印象がありますね。

アルトバンの弱点

後部座席が狭い

アルトバンの後席

出典:http://www.suzuki.co.jp/

アルトバンをベタ褒めしてきましたが、今度はアルトバンの弱点をご紹介。

商用車は荷室スペースを一定まで確保しなければならないルールがあるので、アルトバンの荷室はセダンより広いです。でもその分、後部座席が狭くなっています。

実際座ってみましたが、大人が座るのは正直厳しいです。またチャイルドシートを設置することもできないので、小さい子どもを乗せたい場合はその時点で購入候補から外れます。

VVT(可変バルブタイミング)がない

アルトバンのエンジンは、コスト上の理由でVVT(可変バルブタイミング)が省かれています。そのためVVTが採用されているセダンに比べると、出力・トルクは低くなっています。

VVTの有無によるスペックの違い

出典:http://www.suzuki.co.jp/

でも正直なところ、加速においては大きな差を感じませんでした。過剰に不満に思うことはないかな? というのが僕の考えです。

ただVVTが無いことで、燃費性能は若干落ちます。実燃費にどれほど影響するかは不明ですが・・・

快適装備がない

アルトバンにはあって当たり前の快適装備がありません。「パワーウインドー」すら省かれています。後席に関しては窓を開けることもできません。はめ殺しですw

その他「電動格納式リモコンドアミラー」や「チルトステアリング」もありません。なので購入にはそれなりの理解と覚悟がいるでしょう。

まとめ

低コストで軽快な走りを楽しみたいなら、アルトバンは最高の軽自動車です。

ただ後部座席を使うことがあるなら、おすすめはしません。大人が乗るには狭すぎるし、チャイルドシートも載せられません。

でも後部座席を使うことがないなら、おすすめです。アルトより荷室スペースが広くなってるので、アウトドアなどに最適です。