2016/09/27 試乗記

新型フリード試乗レビュー! 率直な感想いっちゃうよ!

ハヤカワユウキ

こんにちは、クルマ好きのハヤカワ (@yukiukkiy) です。
話題の新型フリード試乗してきました!

新型フリードを試乗してきたのでレビューしたいと思います。

グレードは「G・Honda SENSING」のFF/7人乗りになります。

ハイブリッド車に試乗したかったんですが、残念ながらガソリン車の試乗となりました。

▼関連記事
ステップワゴン試乗レビュー!新型フリードより全然いいかも!

エクステリアは実際見ると悪くなかった!

新型フリードのエクステリアが公開となったとき、個人的には正直ビミョ〜な印象でした。

ライバル車の「トヨタ・シエンタ」のあくの強さに比べれば親しみやすいものですが、リアのテールがカッコ悪いと感じていました。

5421-02

出典:http://www.honda.co.jp/

フロントはキリッとした目つきでカッコイイのに、表裏で表情が違いすぎてバランスが悪いと思っていたのです。

しかし、実車を見てみれば悪くなかったです。リアはリアでまとまっていて落ち着きを感じられます。

フロントに関しては純正でも十分いいけど、純正オプションの「Muduloエアロバンパー」は精悍さが増して個人的にお気に入りです。

5421-01

出典http://www.honda.co.jp/

無限もカッコよさそうです。主張しすぎるHエンブレムを取っ払っていてスポーティーさが増してますね!

5421-03

デジタルメーターはかなり見やすい!

ドライバー席に座りエンジンをかけて率直に感じたのが、デジタルメーターがとても見やすいこと。

新型フリードのデジタルメーター

ディスプレイの表示領域がとても広く、メーター類がごちゃごちゃしているような印象はまったく感じません。

数字が大きく表示された速度計はいいですね。あんまり大きいので、より速度を気にして走っちゃいそうです。

試していませんが、メーターの照明色を6色から選んで表示させることができるようです。需要があるのか分かりませんが、遊び心があって好感を感じます。

3列目シートはちょっと狭い!

新型フリードは全長4265mmとコンパクトなので、3列目シートがあるとはいえ狭いです。すぐ後ろはリアガラスだし、圧迫感は多少あります。

2列目シートの位置を一番後ろにスライドすると、フットスペースはこんな感じです。

新型フリードの3列目シートのフットスペースはこんな感じ

小柄で短足な自分の足でも少しキツイですが、2列目シートの位置を前にスライドさせたりして調節してやれば大人でも十分座れると思います。

走りはいかに!?

ECONモードは非常にかったるい

はじめの発進加速は非常にかったるい印象でした。アクセルを踏み込んでも加速しないのです。

ミニバンなので重い車重が原因かと思いましたが、あれだけアクセルを踏み込んでもエンジン音は静かなので、メーターを確認してみると・・・

5421-06

どうやら「ECON」がONになっていたらしく、強制的にふんわりアクセルにさせられていたようです。これじゃ本当のエンジン性能が分からないので、ECONスイッチを押してOFFにしました。

5421-07

僕が新型フリードを買ったとしても、ECONモードは使わなそうです。エコ運転なら自分でやるから余計なお世話って感じです (笑)

元気なエンジンだけど、加速は並以下

ECONモードをOFF、エアコンもOFFにしたところで、改めてアクセルをぐっと踏み込んでみました。

すると、エンジンは「ブオォォオン!!」と元気に唸りを上げていきます。ECONモードの有無でだいぶエンジンのフィーリングは変わりますね。

ただ、当たり前ですが、加速性能は並以下です。ミニバンだから車重が重いんです。エンジン音はうるさくなるけど、クルマはさほど前に進まないような印象があります。

しかし、ストレスには感じません。だって、ミニバンでフル加速するシチュエーションなんて全然ないですからね。

ハンドリングは案外いい!

僕はミニバンのコーナーを曲がるときのフィーリングが好きになれません。高い車体がフワッと浮き上がってしまうような恐怖感があるんです。要するに強いロールが嫌いです。

しかし、新型フリードはロールはよく抑えられてキビキビ曲がります。路面との接地感もステアリングからしっかり伝わってきます。

直進性もいいです。どっしり感があってフラつくこともなかったです。

CVTのフィーリングは好きになれない

新型フリードのガソリン車はトランスミッションがCVTとなっているのですが、どうもフィーリングが好きになれません。

これは新型フリードに限らないんですが、CVTはアクセル操作に対してリニアに反応してくれないので違和感バリバリなんです。

しかし、新型フリードにはハイブリッド車もラインナップされており、なんとCVTではなくi-DCDが採用されています。

5421-08

出典:http://www.honda.co.jp/

いわゆる「デュアルクラッチトランスミッション」と呼ばれるもので、高性能スポーツカーにはよく採用されています。

ミニバンでも伸びやかな加速感を損なわないとホンダは謳うくらいなので興味津々です。ぜひ、ハイブリッド車も試乗してみたいです。

快適性にちょっとガッカリ!?

後ろからカタカタ音が・・・!?

試乗している間は自分一人だったし、一切BGMを流さなかったから気付けたんですが、後ろからのカタカタ音がめっちゃ気になりました。おそらく2列目シートからです。

シート位置を調整して簡単に解決する問題ならいいのですが、神経質な僕には耳障りでした(笑)

まぁ個体差もあるので、新型フリード全部が悪いとかそういうことではないので気にしないでください。

アームレストが細すぎッ!!

アームレストの横幅が狭すぎて、肘を置きたくてもズレ落ちてしまいます。

新型フリードのアームレスト

この手のクルマは、ファミリーはもちろんドライバーも快適に過ごせるのが重要だと思います。もう少しどうにかできなかったんでしょうか。

わりとエンジン音が室内に入ってくる!?

静粛性ですが、わりとエンジン音が室内に入ってくる印象でした。うるさくはないですが、期待してたよりも静かではないなと感じたのが正直なところです。

一方で、ロードノイズは少ないように感じました。おそらく、ロードノイズが少ない分だけエンジン音が気になっちゃったのかなと思っています。

サイドカーテンエアバッグは装備可能!

一部のグレードに限定されますが、サイドカーテンエアバッグも装備できるようなので安心できますね。

5421-10

出典:http://www.honda.co.jp/

ファミリーの安全を確保するためには必須の装備だと思います。

まとめ

細かな不満はありましたが、走り、快適性、安全性、どれも大きな不満ではありませんでした。

ガソリン車にするかハイブリッド車にするか、6人乗りにするか7人乗りにするか、悩むポイントはたくさんありますね。

私ごとですが来年に子どもが生まれるので、新型フリードのようなファミリーカーには興味津々なんです。

新型フリードのハイブリッド車を試乗できたら、また試乗レビューしたいと思います。

スポンサーリンク