2016/10/01 テクノロジー

Google Play Musicから歌詞を表示できるSpotifyに乗り換えるべきか!?

ついに、いや、ようやく? Spotifyが日本でサービスを開始しますね! わりと前から「ついにSpotifyが日本上陸」と聞いてた気がします (笑)

けっこう音楽は聞く方なので、Google Play Musicで音楽をよく聴いてますが、Spotifyへ乗り換えようかと検討しています。

なぜなら、Google Play Musicには僕の好きなアーティストの楽曲が配信されてないんです! Googleを信じて配信されるの待ってたけど未だ配信されません(笑)

Spotifyなら僕の好きなアーティストの楽曲が配信されていたので、自分で楽曲を用意してアップロードする手間もなさそうです。

そこでGoogle Play MusicからSpotifyへ乗り換えにあたり、Spotifyの特徴や両サービスの違いについて述べていきたいと思います。

Spotifyとは?

5467-01

出典:https://www.spotify.com/jp/invite/

Spotifyとは、スウェーデン発祥の音楽ストリーミング配信サービス。スポティファイと読み、「spot」と「identify」を組み合わせた造語です。

「spot」は「点」、「identify」は「同一視」を意味し、「ユーザーが聴きたい音楽(点)を思い受けべてから再生(同一視)に至るまでの結びつけを最短にするサービス」という意味がある。

引用元:http://moto-neta.com/webservice/spotify/

2008年10月からサービスが開始され、現時点でアクティブユーザーが1億人以上、有料会員が4000万人を突破というスケールのデカさです。まさに世界最大手です。

ただ、日本国内では2013年に日本法人が設立されていたものの、これまでサービスが提供されていませんでした。

しかし、4年という準備期間を経て、ついに日本でもサービスが開始される日がやってまいりました。

Spotifyの特徴

1. 4000万曲以上の楽曲数を誇る

Spotifyは4000万曲以上の楽曲が配信されています。Google Play Musicが現状3500万曲以上と謳ってますから、それよりも多いわけですね!

もちろんJ-POPも含まれた数ですが、どれほどの割合を占めてるかは不明です。決まったJ-POPの楽曲しか聞かない人は事前に確認しましょう。

2. 無料と有料のプランがある

Spotifyには無料で音楽を楽しめる「Spotify Free」と、月額980円で快適に音楽を楽しめる「Spotify Premium」という2つのプランがあります。

Google Play Musicは無料試用期間はあるけど、無料プランはありません。その点、Spotifyは無料プランもあるので嬉しいですね。

ただ、無料プランである「Spotify Free」はシャッフルプレイしか対応しておらず、オンデマンド再生(楽曲を検索して再生)ができません。

▼無料と有料の違い
Spotify Free Spotify Premium
  • シャッフルプレイ
  • 広告なし
  • スキップ無制限
  • オフラインでも聴ける
  • 全トラック視聴可能
  • 高音質
  • シャッフルプレイ
  • 広告なし
  • スキップ無制限
  • オフラインでも聴ける
  • 全トラック視聴可能
  • 高音質

ただ、タブレットかパソコンで利用する場合は、無料プランでも30日ごとに15時間のオンデマンド再生が可能なようです。

Google Play Musicと同等もしくはそれ以上を求めるなら、有料プランの「Spotify Premium」一択ですね。

3. 魅力的なレコメンド機能がある

Spotifyは、他のユーザーやSpotifyが公開しているプレイリストを視聴することができます。

その他にも、ユーザーの視聴履歴から作成される「Discover Weekly」、ユーザーがフォローするアーティストをレコメンドして作成される「Release Reader」など、プレイリストが豊富にあります。

Spotifyは音楽発見のための独自機能がとても魅力的ですね。実際に使ってみて、どんな体験ができるか楽しみです。

4. 歌詞を見ながら楽曲を楽しめる

Spotifyには標準で歌詞表示機能がついています。歌詞から楽曲の世界観に浸りたいって人には良い機能ですね。

なんと、この歌詞表示機能は日本で先駆けて導入されるものだそうです。日本はカラオケ文化が根強い国ですからね。Spotifyは分かってます。

スポンサーリンク

Spotifyをいつ使える?

現状は招待制となっており、招待コードが発行されるまではSpotifyを使うことができません。

僕も招待コードがまだ発行されていないので、まだ実際に使えていないんです(泣)

ただ、11月から本格的にサービスがスタートするようなので、それ以降は会員登録ですぐに使えるようになります。

Google Play Musicとの大きな違いは?

現時点で招待コードがまだ手元にないので断言できませんが、大きな違いはレコメンド機能や歌詞表示機能になるでしょうね。

特に歌詞表示機能は大きなポイントだと思います。

Spotifyでは標準で歌詞表示機能が搭載されており、歌詞を見ながら楽曲を楽しむことができます。カラオケ文化の根強い日本では重宝される機能でしょうね。

Google Play Musicでは標準で歌詞表示機能が搭載されてませんから、Spotifyに流れていくユーザーは多いと思いますね。

レコメンド機能に関しては好みじゃないでしょうか。UIとの関係もありますし。個人的にGoogle Play Musicのレコメンド機能やUIには大きな不満はありませんでした。

まとめ

現時点でGoogle Play Musicを使っている僕は、「自分の好きなアーティストの楽曲が配信されている」という理由だけでSpotifyに乗り換えるべきなのか迷っています。

だって、Google Play Musicは手持ちの音楽をアップロードする機能がありますからね。それに、レコメンド機能やUIにも大きな不満はありません。

しかし、世界最大手の音楽ストリーミング配信サービスと呼ばれるSpotifyを一度使ってみたいという気持ちは物凄くあります。

しばらくは両サービスを使ってみて、その違いをじっくり確かめたいと思います。といってもSpotifyから発行コードがまだ来ないんですが(笑)

スポンサーリンク