2016/10/17 Apple Watch

Apple Watchの呼吸アプリで深呼吸するメリット

ハヤカワ

こんにちは!
ハヤカワ(@yukiukkiy)です!

Apple Watch は watchOS 3 から「呼吸アプリ」が追加され、深呼吸を促してくれる機能が搭載されてます。

呼吸リマインダーによって深呼吸する時間も予め設定できるし、セッションはいつでも始められるので、深呼吸してリラックスする機会が増えそうです。

僕は呼吸リマインダーを1時間ごとに設定し、深呼吸してリラックスしまくってます(笑)

深呼吸を促す「呼吸アプリ」

 

「ひと息つきましょう。」

なんて “ありがたい言葉” でしょうか。普段会社で仕事してても、誰もこんなこと言ってくれません。泣ける・・・。

呼吸アプリを使い始めてから、いい意味で仕事に手を抜けるようになりました。ひと息するって大事。めっちゃ大事。

でも Apple Watch を手にするまで、まったく逆の考えだったんですよ。

ハヤカワ

“深呼吸” だぁ〜!?
そんな暇あったら、目の前の作業に集中して早く仕事終わらしたいもんだぜ!

こんな感じでヒネくれてました(笑)

でも Apple Watch を身につけ、呼吸アプリから促された深呼吸をやるようになってから、メリットは意外とあることに気付いたんです。

受動的に深呼吸できる!

深呼吸そのものに、いろいろ良い効果があるのは知ってました。

それでも、に深呼吸しようって人は少ないと思います。僕はラジオ体操くらいでしか深呼吸したことなかったです。

でも Apple Watch を身につけることで、呼吸アプリが深呼吸を促してくるので、受動的に深呼吸をするようになりました。

始めのうちは、受動的に深呼吸なんてやるもんかな・・・って正直思いました。「ひと息つきましょう。」って通知も、きっとウザいだろうって。

しかし不思議と深呼吸しちゃんだな、これが。通知が来るたび、「待ってました!」って感じです(笑)

リラックス効果で集中力も持続できる!

正直このメリットがなきゃ、呼吸アプリを使うことも深呼吸することもなかったです。そのくらいのメリットですね。

質の高い仕事をするには、集中力を持続させることは大変重要です。でも人間の集中力って、そんな持続できるもんじゃないです。一般的に集中力の平均持続時間は50分くらいと言われてます。

なので 2, 3時間もぶっ続けで作業してる人って、実際は質の高い仕事ができてるとは限らないわけです。

ところが深呼吸することでリラックスすることができ、集中力を持続させることができます。これは僕自身も実感してて、仕事の質が上がったような気がします。

肩こりの症状が緩和された!

僕はデスクワークってこともあって、肩こりにかなり悩まされてます。

でも深呼吸の習慣をつけてから、肩こりの症状が緩和された実感があります。まぁ、治ったまではいかないんですが・・・。

それでも肩こりの症状で辛いってことが減ったので、これは嬉しい誤算でしたわ。

深呼吸は血行を良くして代謝バランスを整える効果もあるので、肩こりの原因である血のめぐりの滞りも改善されたんでしょう。

その他にも、いろんな効果が期待できる!

深呼吸ってリラックス効果や肩こり解消以外にも、いろんな効果が期待できるんです!

  • 肉体疲労の回復
  • 精神的疲労の回復
  • 美肌効果
  • 快眠効果
  • ダイエット効果

これだけの効果が期待できるんであれば、やらないより絶対やった方がいいに決まってますよね!

実際リラックス効果や肩こり解消も実感できてるので、深呼吸を習慣づける価値はあると僕は思ってます!

まとめ

深呼吸・・・なめたらアカンですね(笑)

Apple Watch の購入を検討されてる人や、所有してるけど「呼吸アプリ」使ってない人は、ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク