僕の愛車S660ですが、実は納車されてからすぐに「ガラスコーティング」を施工してあります。

だからなのか非常にボディ塗装面の状態が良く、カーニバルイエローⅡから放たれる輝きがやけに眩しいです。

ガラスコーティングですが、DIYではやってません。「リボルト新潟」というガラスコーティングのプロショップで施工してもらいました。

なぜリボルト新潟を選んだのか、そしてリボルト新潟にガラスコーティングを施工してもらった感想を述べたいと思います。

リボルト新潟を選んだ理由

リボルト新潟の外観

リボルト新潟とは、全国に23店舗あるリボルトグループ加盟店のコーティング専門店です。

コーティング専門店はそこらにありますが、リボルト新潟のガラスコーティングを選んだ理由について述べます。

(1)完全屋内作業である

リボルト新潟は完全屋内作業

実際プロから話を聞くと、美しい仕上がりのためにはコーティング中の塗装面には相当気を使うようです。素人が考えている以上にね。

なので外気に触れることのない作業環境は必須条件とのことで、リボルト新潟では「完全屋内作業」となっています。

当初は某ガソリンスタンドでコーティングを検討していましたが、外気にさらされた空間での作業と知って止めました。

全てのガソリンスタンドがそうではないと思いますが、やはり技術を売りにしている専門のプロショップにお願いするのが安心ですね。

あ、もちろん自分でやることも考えましたよ。でもガレージないし、プロの作業場を見学したらその考えはすぐ消えましたね。

(2)最先端の照明設備が整っている

新車特有の「塗装ボケ」

出典:http://www.revolt-niigata.com/works/000168/

ガラスコーティングはいかに塗装面の状態を把握できるかが重要なので、作業場の照明には一定の明るさが必須です。

そのためリボルト新潟では「最先端の高輝度大型LED照明」が整備されていて、小さなムラも見逃しません。僕のS660においても、新車特有の「塗装ボケ」を見つけてもらいました。

肉眼では見逃してしまいそうですが、このままコーティングすると仕上がりに大きく影響するようです。実に抜かりない仕事ぶり、良い仕事をするには良い環境が必要ということですな。

(3)情報発信が積極的である

リボルト新潟のサイト
▲リボルト新潟のWebサイト

技術やノウハウに自信があるなら情報発信は積極的にするものだと思うので、情報発信に消極的なコーティング専門店は除外しました。

その点リボルト新潟はWeb上での情報発信が積極的であり、施工実績が豊富に公開されています。技術やノウハウもけっこうオープンです。

「コーティング業界で価値ある存在として認められたい」という欲求を強く感じますね。

(4)ガラスコーティング技術にノウハウがある

ガラスコーティングの仕上がりをこの目で直接確認するため、リボルト新潟の作業場を見学させてもらった時の話です。

作業場にはガラスコーティングされたハリアーの姿がありました。いやー、圧巻でした。

ハリアーがワンクラス上のクルマに見えて、もはやレクサスに迫るレベルのオーラを感じました。

塗装面をマジマジと見ると、トュルトュルしてて潤っているような感じでした。「粗さ」みたいなものを全く感じません。

このとき僕は、リボルト新潟のガラスコーティング技術はとても高いものだと感じました。

(5)スタッフが丁寧に説明してくれる

けっこう人間不信だったりするので、技術やノウハウがあっても最終的には「人」で決めます。

もしリボルト新潟のスタッフが怖い人だったら、ピカピカのS660は僕の手元にないでしょうw

はい、リボルト新潟のスタッフは優しいです。そして丁寧。見学時に質問攻めしましたが、全て丁寧に答えてくれて安心感がありました。

また、プロ意識が高いと感じました。下地処理やガラスコーティングについて、熱く説明してもらった記憶があります。

当初は見学して一旦様子を見るつもりでしたが、その場で決めてしまいましたね。説明が丁寧なら、仕事も丁寧なはず。そう思いました。

リボルト新潟でガラスコーティングした感想

実際リボルト新潟でガラスコーティングを施工してもらった感想です。ちなみに「リボルト・プロ」という最もグレードが高いプランを選択しました。

ワックス不要だから時短できた

リボルト新潟でガラスコーティングをする前は、ワックスを使っていました。ワックスは深みのある艶が出るし、「愛車をキレイにしている」という充足感を得られます。

しかし、時間を消耗しすぎてしまうのが難点です。やり始めたらとことんやるタイプなので洗車とワックスを始めたら最後、最低2時間はかかってしまいます。

またワックスが雨で流れ落ちてしまった時、その落胆度たるや相当です。体力や時間だけでなく、精神的にもだいぶ消耗していました。

しかしそれら消耗は、リボルト新潟でガラスコーティングを施工してもらってから一切なくなりました。

ガラスコーティングをしたことで、ワックスの必要はほぼ無くなったからです。おまけにガラスコーティングをすることで汚れが落ちやすくなるので、洗車にかける時間も減りました。

ずっとボディが輝くから満足度は高い

ワックスをかければ艶と輝きは確かに出ますが、切りが無い上に作業が手間です。しかし、ガラスコーティングにはそのような手間がありません。

ボディの艶と輝きは長い間持続(ガラスコーティングの持続効果は5年、テストによる理論値では10年)し、ワックスと違って雨で洗い流されることもありません。

またボディの艶と輝きは、定期的なメンテナンスで長持ちします。僕は月1回しか洗車しませんが、S660のボディはいつも輝いてますよ。

メンテナンスに煩わしさがない

リボルト新潟のガラスコーティングは、施工後のメンテナンスも楽です。なぜなら「メンテナンスキット」があるからです。

メンテナンスキットは、専用シャンプー・メンテナンスリキッド・マイクロファイバークロスが揃ったキットです。全てプロが使うものと同じです。

何が楽って、自分でカーシャンプーとか選ばなくていいんで楽ですね。市販の商品を見ても、良し悪しが分からないから助かりますw

さらに楽したい時は、洗車も頼むことができます。リボルト新潟はガラスコーティングだけでなく、洗車もプロですよ。

関連記事
プロに手洗い洗車を頼んだ感想!やっぱ仕上がりが全然違う!

愛車を所有する喜びが大きくなる

ガラスコーティングを施工してもらうことで、愛車を所有する喜びが確実に増しました。このボディの艶と輝きをみてください。

納車されて1年経つけどピカピカなS660

これみて喜べないわけがないです。このボディの艶と輝きを見る度にニヤニヤが止まりませんw

まとめ

ガラスコーティングによって得られるのは、ボディの艶と輝きだけではありません。快適なカーライフ、それもリボルト新潟は僕に与えてくれました。

ガラスコーティングは決して安くないですが、その価値は全然あります。愛車をもっと愛したい、快適なカーライフを過ごしたいという方は、ぜひリボルト新潟を見学してみましょう。

【2017.03.09 追記】

日産リーフを増車したので、再びリボルト新潟にガラスコーティングをリピート依頼してきました。別記事でガラスコーティングしてもらった様子をレポートしています。

関連記事
リボルト新潟でガラスコーティング!格段にアップした光沢をご覧あれ!
▼店舗概要
店舗名 リボルト新潟
住所 〒950-0951
新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL 025-250-6712
施工サービス
  • ガラスコーティング
  • 部分コーティング
  • ホイールコーティング
  • 窓ガラス撥水加工
  • 板金塗装修理
  • カーフィルム
  • 下回り防錆加工
  • 洗車サービス
ホームページ http://www.revolt-niigata.com/