S660とロータス・エリーゼ

こんにちは、S660オーナーの速川ユーキ (@fastriveryuki) です。

S660は実用性皆無ですが、クルマを運転する喜びを五感で感じられる最高のスポーツカーです。

少し不満はあるけど、買って後悔はしてません!

S660

『ホンダ・S660』を買って後悔したこと

と言いつつ、こんな記事を書いていますw

ただ豊富なアフターパーツなどで不満を解消していく楽しみもあるので、末長く乗り続けると思います!

さて、しかし最近モヤモヤしています。S660を運転しているのに「あるクルマ」が頭をよぎってくるのです。

ロータス・エリーゼ

出典:http://www.lotus-cars.jp/

速川ユーキ速川ユーキ

ロータス・エリーゼ・・・!!

エリーゼとは、名門スポーツカーメーカーであるロータスが設計・製造・販売するリアルスポーツカーです。

S660で満足しているにもかかわらず、なぜエリーゼのことが気になっているのか? それを語っていきたいと思います。

S660よりエリーゼの方が運転する喜びが大きい!?

なぜエリーゼのことが気になってるのか? 結論から言うと、単純にS660より運転が楽しそうだと思うからです。

その理由を詳しく説明する前に、僕が “クルマで満足できる条件” について話しておきましょう。

僕がクルマで満足できる条件は、車内を快適に過ごせることでも荷物をたくさん載せられることでもありません。

速川ユーキ速川ユーキ

クルマを運転する喜びをいかに五感で感じられるか。また、それを日常的に感じられるか。
・・・これが僕のクルマで満足できる条件。

そのためか、高出力のクルマってあんま興味ないです。高出力のクルマでクルマを運転する喜びを感じるには日常的に走る公道じゃ難しいです。サーキットなら感じられるんでしょうが、残念ながらその境地に僕はいません。

また、かっこ悪いデザインのクルマも興味ないです。高性能なだけじゃ愛着は湧きません。性格がいいだけじゃなく、めっちゃ可愛くてボインの女の子じゃなきゃ惹かれないってことです。

性格がよくて好みのタイプの女の子

最近よく広告バナーで見かけるこの女の子、めっちゃ可愛いよね・・・。

・・・えーと、その他にも興味が湧かないクルマの特徴はありますが、S660はそこらへんをクリアして購入に至ってるわけです。

S660は日常的に走る公道でも “クルマを運転する喜び” をめっちゃ感じられます。交差点でステアリングを切るだけでも気持ちいいです。

速川ユーキ速川ユーキ

しかし、エリーゼはそれさえ超えてくる・・・気がする!
乗ったことねーけどそう思う!

そう思う理由を、S660と比較しながら述べていきたいと思います。比較するグレードは以下の通り。

  ホンダ・S660 ロータス・エリーゼ
グレード a ELISE SPORT
トランスミッション 6MT 6MT
駆動方式 MR MR
車両重量 830kg 900kg
全長×全幅×全高 3395×1475×1180mm 3800×1720×1130mm
ホイールベース 2285mm 2300mm
トレッド(前/後) 1300/1275mm 1455/1505mm
最低地上高 125mm 140mm
エンジン型式 S07A 1ZR-FAE
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC
排気量 658cc 1598cc
最高出力 64PS/6000rpm 136PS/6800rpm
最大トルク 10.6kgm/2600rpm 16.3kgm/4400rpm
パワーウェイトレシオ 13.0kg/PS 6.6kg/PS
トルクウェイトレシオ 78.3kg/kgm 55.2kg/kgm
価格 218万円〜 572万円〜

「ライトウェイトスポーツカーとしての資質」はエリーゼが確実に上

MR・小排気量エンジン・2シーター・ロールトップ・前後異径ホイールなど・・・、S660とエリーゼには多くの共通点があります。

しかし、エリーゼには徹底的な軽量化が施されています。そこがS660との大きな違いです。

徹底的な軽量化によってボディ自体はとても軽く、車両重量は900kgに抑えられてます。軽であるS660と比べても70kgの差しかありません。

徹底的な軽量化の秘密は、アルミ合金を航空機でも使われる接着剤で組み立てたバスタブフレームとFRP製の外装によるものです。

徹底的な軽量化がもたらすハンドリング性能にも興味津々です。そこに魅了されるオーナーは多いですからね。しかも重ステなので、路面から伝わる情報量も半端じゃないでしょう。

速川ユーキ速川ユーキ

重ステは嫌いじゃないな〜
昔カプチーノに乗ったことあるけど、重ステのフィーリングは実に自然で最高だった
それを思い出すと、エリーゼってめっちゃ楽しそうだ・・・!!

それに比べてS660は、車両重量が830kgと決して軽くありません。軽のスポーツカーとしては重すぎます。軽量化に費やせるコストがなかったんでしょう。軽規格って制約もあるし仕方ないですね。

パワートレインに関しては、両車とも平凡ではあります。S660は軽なので当然ショボいし、トヨタエンジンを搭載するエリーゼも大したもんじゃないです。(ELISE SPORT 220はスーチャー付きで半端ないけど。)

しかし両車のパワーウェイトレシオを比較してみると、やはり雲泥の差があることが分かります。S660が13.0kg/PSに対し、エリーゼは6.6kg/PSです。当然だけどS660は、そこらの軽ワゴンと変わんないですよね・・・。

この数値が小さいほどクルマを運転する喜びが大きいってわけじゃないけど、パンチのある加速をするクルマを運転するとワクワクしますからね。これはエリーゼに大きく軍杯が上がります。

てなわけで、エリーゼはライトウェイトスポーツカーとしての資質はピカイチ。クルマを運転する喜びも、さぞ大きいでしょう。

共通点が多いからこそS660オーナーの僕は、エリーゼのライトウェイトスポーツカーとしての資質が気になってしょうがないんです。

軽規格では絶対にマネできない優美なデザインセンス

エリーゼの大きな特徴のひとつと言えるのが、秀逸なデザイン性です。

まるでレーシングカーのようなストイックな印象もあるし、うねるような曲線美はスタイル抜群な美女を見てるような印象もあります。

見るポイントによって印象が変わったりするから、まったく飽きが来ません。とにかくエリーゼは見ててウットリしちゃいます。空力などの機能面でも活きてくるデザインなんでしょうね。無駄がありません。

速川ユーキ速川ユーキ

軽規格とはいえ、S660の独創的なデザイン性は気に入ってる。
でもエリーゼが隣にいたら、間違いなくS660は眼中になくなっちゃうな・・・。

フロントビューはエリーゼが圧倒的に美しい。無駄な部分をそぎ落とされて生まれたフロントフェンダーの盛り上がりは、まるでアスリートの鍛えられた肉体みたいです。もはやアートですね。

エリーゼとS660のデザイン比較 - フロントビュー

サイドビューもエリーゼに軍杯が上がります。ほとんどの車はベルトラインが真っ直ぐなんですが、エリーゼは綺麗な曲線を描いてます。美しいですね。

エリーゼとS660のデザイン比較 - サイドビュー

リアビューも残念ながらエリーゼの勝ち。エリーゼってどことなく小さなフェラーリって感じがしますよね。リアフェンダーの盛り上がりもたまんない・・・。

エリーゼとS660のデザイン比較 - リアビュー

まとめ

ロータス・エリーゼは僕にとって、最高に理想的なスポーツカーです。S660も最高のスポーツカーですが、やっぱ意識しちゃいますよね。

とはいえ、S660とエリーゼでは価格帯がまったく違います。S660は廉価グレードで198万から、エリーゼは572万円からです。

そう考えると、S660のコストパフォーマンスはどんだけ凄いんだって話ですよね。てか、エリーゼを買うのは手も足も出ません(笑)

30代〜40代の楽しみにとっておきます。貯金します。エリーゼのために。