早川ゆうき

こんにちは、早川ゆうきです。
ようやく買ったぜぃ・・・。

Dyson V8 Fluffy+ だぁあああ・・・!

届いたDyson V8 Fluffy+バン

買った型番は「Dyson V8 Fluffy+ SV10 FF COM」っていうコンプリートモデルになります!

掃除ツールがたくさん入ってるので、いろんな場所を掃除できるんですよ!

なぜ買ったかというと、何といっても “コードレススティッククリーナー” だってことですね!

見てくださいよ、前の掃除機・・・。

前に使ってた掃除機

5kgくらいあって重すぎるし、コードがほんと邪魔くさい!

でも Dyson V8 Fluffy+ なら 2.61kg と半分くらい軽量だし、コードレス だから煩わしさが全然ない!

これなら家中の掃除どころか車内の掃除だってできます! クルマ好きの僕には大きな魅力です!

早川ゆうき

よっしゃッ!!
開封じゃあああッ!!

Dyson V8 Fluffy+を開封

わーお・・・けっこう詰め込まれてる感ありますね。一個ずつ見ていきましょう!

Dyson V8 Fluffy+ 本体

Dyson V8 Fluffy+ 本体

本体には、毎分最大110,000回転するパワフルな吸引力を生み出すモーター、パワフルな吸引力を持続させるリチウムイオンバッテリーなどが搭載されてます。

モーターの駆動音は、けっこう抑えられてる印象ですね・・・!

家電量販店で前モデルのV6と聞き比べてみたんですが、けっこう違うなって感じました。

どっちもそれなりに音はするんだけど、V8はノイジーな感じが少ないんです。

参考になる動画があったので共有しますね!

バッテリー性能は、V6の2倍! 最長で40分も使えます!

でも重量は、そのせいかV6モデルより重くなってます・・・。V6モデルが2.34kgだったのに対し、V8モデルは2.61kgだって・・・。

たしかに片手で持ってみると、案外ズッシリと重量が感じられますね。まぁ今までのレガシーな掃除機に比べれば軽い軽い!

デザイン性はもう最高、たまらん・・・。

Dyson V8 Fluffy+はデザイン性が高い

V6から大きく変えてこなかったのは嬉しかったです。

円柱形のサイクロン機構がなんだかロボっぽくて、ロボ好きの僕の心はくすぐられます。

でも想像してたより、プラスチッキーな質感・・・。

公式サイトでは金属感がでてた印象だったもんなんで、つい気になっちゃいました。まぁ金属だったら重くなるわって話ですね(笑)

ソフトローラークリーナーヘッド

ソフトローラークリーナーヘッド

フローリングなどの床面のお掃除に使う基本的なツール。

柔らかいナイロンと静電気を抑えるカーボンファイバーブラシで覆われたローラーが常に床面に接触して、すみずみまでお掃除できます。

ヘッド上部に透明なカバーがされているので、ローラーが回転するのが掃除してる感があっていいです。

取り外し可能なロングパイプ

Dyson V8 Fluffy+のパイプ

基本的な床面のお掃除には取り付けることになるツール。

接続部はプラスチックで、中間部はアルミでできています。触った感じ、安っぽい感じが全然しません。

1m近くあるので、家具の下や高い場所の掃除に役立ちそうです。

コンビネーションノズル

Dyson V8 Fluffy+のコンビネーションノズル

ブラシを出したり引っ込めたりできるので、用途によって使い分けられる便利なツール。

サッシや敷居など、ソフトローラークリーナーヘッドでは掃除しにくい部分で活躍できそうです。

ブラシの毛は柔らかめで、ホコリなどを払いながら吸い取るって用途になりそうですね。

隙間ノズル

Dyson V8 Fluffy+ の隙間ノズル

狭い隙間のゴミやホコリを取り除くだけでなく、クルマの車内のお掃除にも活躍が期待できます。

まぁ従来の掃除機に付属するノズルと大きく変わるところはないですね。

ミニ モーターヘッド

Dyson V8 Fluffy+ のミニ モーターヘッド

ミニモーターヘッドに切り替えることで、ハンディクリーナーに切り替えることができます。

布団クリーナーとしても活用できます。その他にも、ソファや車内の掃除などにも活躍できそうです。

名前の通りヘッドにモーターが付いてるので、吸引力に期待ができます。これなら従来のハンディクリーナーを買う必要は二度となさそう!

フトンツール

Dyson V8 フトンツール

その名の通り、布団の掃除に使用するツールです。

ミニモーターヘッドでは布を巻き込んでしまう場合があるけど、フトンツールはその点も考慮されてるので掃除しやすそうです。

延長ホース

Dyson V8 延長ホース

中間の部分がホースになっていて、通常では届きにくくて掃除しにくい場所ならこれで解決できそう。

と言いつつも、正直使わなそうなツールである(笑)

ハードブラシ

Dyson V8 ハードブラシ

ブラシを出したり引っ込めたりできるコンビネーションブラシと違い、ハードブラシは固定されてます。

またブラシの硬さもコンビネーションブラシより硬い、だからハードブラシです。

汚れを擦り取りながらゴミを吸い取るって用途になりそうですね。

収納用ブラケット

Dyson V8 収納用ブラケット

収納用ブラケットを壁に取り付けることで、充電しながら収納ができます。

収納用ブラケットを使わなくても本体に直接ケーブルを繋いで充電できますが、僕は絶対使います。

壁に立てかけて収納することで収納スペースを大きく取ることもないし、スッキリしてて見た目的にもいいです。おまけに同時に充電もできる。

ただ壁に穴を開けるのはなあ・・・って、今悩んでます。

 

以上! Dyson V8 Fluffy+ SV10 FF COM に同梱されてるものの紹介でした!

このモデルは掃除ツールがたくさん同梱されてるので、使いこなすのに時間がかかりそうです(笑)

次回は使用レビューや使用したことによるライフスタイルの変化などをブログで書きたいと思います。