こんにちは、早川ゆうき (@yukiukkiy) です。

ついにスイフトが2016年12月27日にモデルチェンジを発表し、2017年1月4日に発売をスタートしました。

スイフトとは、欧州などの海外市場を視野に入れて開発されたスズキのグローバルコンパクトカー。国内ではスズキは「軽自動車メーカー」のイメージが強いですが、海外ではコンパクトカーを中心に業績を伸ばしています。

今回の試乗では、新型スイフト HYBRID RS (FF/CVT) に試乗してきました。モーターがエンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」といわれるモデルです。

まずはエクステリアからチェック!

新型スイフトが発表されたとき、かなり強いインパクトを受けました。デザインを大胆に変えてきたな、と。

しかし、いざ実車をチェックしてみると「やっぱお前ってスイフトなのな」と、そんな印象に変わりました。

新型スイフトのスタイリング - フロントビュー

目をぱっちりさせてエラも削って顔をきれいにしたけど、体つきはさほど変わっていない。そのような感じです。

新型スイフトのフロントグリルとLEDヘッドランプ

先代モデルよりも、明らかに存在感のあるフロントマスクです。大開口フロントグリルとLEDヘッドランプの採用が大きいです。

新型スイフトのスタイリング - サイドビュー

サイドビューは、先代よりフェンダーの張り出し感が強調され、ドアノブはCピラーガーニッシュに配置され、少しクーペっぽくなりました。

新型スイフトのドアノブ

A/Bピラーに加えてCピラーもブラックアウトしたことで、ルーフが浮いているような表現となっています。とてもスタイリッシュです。

個人的にリアビューが一番好みのデザインです。

新型スイフトのスタイリング - リアビュー

RSグレードに標準装備されるリヤフォグランプと今風なテールライトの造形が相まって、とてもオシャレな欧州車という感じがします。

新型スイフトのリアフォグ

切削加工&ブラック塗装によるツートンカラーの16インチアルミホイール。冬だったのでスタッドレスを履いていました。

新型スイフトのアルミホイール

早川ゆうき

エクステリアは・・・
75点!!

基本的なプロポーションが変わらないのは、スイフトらしさを貫いていてとても良かったです。しかし大胆に変わったフロントマスクが、正直ぼくの好みではありませんでした。

具体的に引っかかっているのは「フロントグリル」です。形状こそ好みですが、ガーニッシュにあたる部分の造形が、なんだかスタイリッシュ感に乏しい気がしてしまいます。

また左右のフォグランプを繋ぐ黒いラインですが、これがなければ大胆に開いたフロントグリルが際立つのではと思ってしまいます。

これは完全に個人の好みの問題なので、評価が低いということではないです。スタイリッシュなことには違いないので、好きな人は好きになるデザインでしょう。

インテリア・収納をチェック!

試乗した「HYBRID RS」のインテリアにおいては、デザインや質感が良いなと率直に感じました。

新型スイフトのステアリング

本革巻ステアリングホイールは、握った感触が安っぽくないし良かったです。下部が平らな「D字型」の採用もスポーティーでした。ステアリングを回す時に少し違和感がありましたが、慣れの問題ですね。

インパネ周りは、先代モデルよりデザインが洗練された印象を受けました。

新型スイフトのインパネ

高い素材を使っているわけではないけど、質感を高く見せる工夫を凝らしている感じ。例えば、エアコンの吹き出しやダイヤル、USBなどの外部端子が丸くデザインされている部分ですね。オシャレです。

新型スイフトのシフトノブ

2眼式メーターの中央には4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを搭載していて、運転状況がリアルタイムに表示されます。

新型スイフトのメーター

減速エネルギーによる発電状況、そして専用の鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーへの充電状況がチェックできるので、ハイブリッドならではの楽しみを味わえます。

おまけにパドルシフトが標準装備されています。ぼくのようにクルマをスポーティに走らせたい人間にとっては、とても嬉しい装備です。

新型スイフトのパドルシフト

なかには「走りを意識した」と謳っているのに、パドルシフトの装備を省いているクルマも在りますよね。そういったものにはガッカリしますが、新型スイフトはそこをしっかりおさえています。

アクセルペダルは残念ながら「吊り下げ式」でした。

新型スイフトのアクセルペダル/ブレーキペダル/フットレスト

この点も欧州車を意識して「オルガン式」を採用してもらえたら、個人的には嬉しかったです。ちなみにマツダ・デミオはオルガン式です。

純正シートですが、ホールド性とクッション性ともに良好でした。とても座り心地は良かったです。

新型スイフトの前席シート

「チルトステアリング」「テレスコピックステアリング」「シートスライド」によるシート位置の細かな調整が可能なので、最適なドライビングポジションが取りやすいのも好印象です。

後席に座った印象ですが、なんと先代より広くなっていました。

新型スイフトの後席シート

聞くと前後席間距離を10mm拡大したそうなのですが、たったそれだけでも広く感じるものなのですね。先代は狭かったので嬉しいポイントの一つです。

ラゲッジスペースですが、先代よりもかなり広くなってました。ここはかなり進化してますね。

新型スイフトのラゲッジルーム

先代のラゲッジスペースは210Lでしたが、新型スイフトでは、下面が80mm下がり、奥行きは75mm増し、荷室幅は25mm広くなり、265L拡大されています。しかし、後席シートを倒すと段差ができるのは残念です。

新型スイフトの後席シートを畳んだ状態

ただ純正オプションの「ラゲッジアンダートレイ」を買えば、フルフラットにすることは可能です。

後席シートを倒した状態では先代が455L、新型は579Lなのでラゲッジスペースについては大きく進化したといえるでしょう。

早川ゆうき

インテリアは・・・
80点!!

シンプルな基調のインテリアデザインは、とても好感が持てます。安っぽいと感じることもなかったです。

ラゲッジスペースは広いとは言えませんが、デザイン優先だと思えばまったく気になりません。

強いて言えば、アクセルペダルが「オルガン式」だったら何も言うことはなかったです。

車重910kgだから走りは軽快そのもの!

ようやく試乗した感想です。

先代の一番軽いグレードで960kg、新型の一番軽いグレードで840kgなので、およそ120kgもの軽量化を果たした新型スイフト。新プラットフォーム「HEARTECT」の恩恵によるですが、実にあっぱれでした。

ハイブリッドシステムを積んだ「HYBRID RS」でも910kgという超軽量を実現し、軽快な走りを堪能することができました。率直なハンドリングでしたし、路面への追従性も高くて安心感がありました。

「マイルドハイブリッド」はガソリン車に近い

ハイブリッド車とはいえ、プリウスのような走行フィールとはまったく違います。むしろ、ガソリン車と遜色ない走行フィールでした。

その理由は「マイルドハイブリッド」の特性によるもの。モーターは加速時にエンジンをアシストするだけなので、発進時はEV走行ができないのです。

モーターアシスト量も大きくないし、モーターのみで駆動するEV走行もできないので、燃費性能は他社コンパクトカーに一歩譲ります。

路面の凹凸でゴツゴツ感がある

試乗コースは路面の凹凸や継ぎ目が多めだったのですが、少しゴツゴツする印象を受けました。40km/hくらいのスピード域でしたが、高速域での突き上げが気になります。

そもそも「RS」がつくグレードは、欧州仕様にショックアブソーバーがチューニングされ減衰力を高められているモデル。この点を良しとするかは、その人次第ですね。

欧州の人たちは固い足を好みますが、日本人はソフトな足を好みます。この点は試乗して判断しましょう。

ハイブリッドは買いグレードか?

早川ゆうき

試乗した評価は・・・
65点!!

「マイルドハイブリッド」が搭載された新型スイフト「HYBRID RS」ですが、ハイブリッドらしさを楽しみたいなら物足りなさを感じる人もいると思います。

他社コンパクトカーのハイブリッド車と比べても、燃費性能は一歩譲りますし、価格もそう大きく変わりません。

  • アクア L(FF/CVT)
    JC08燃費 => 37.0 km/L
    車両価格   => 176万円〜
  • フィット HYBRID(FF/7AT)
    JC08燃費 => 36.4km/L
    車両価格   => 169万円〜
  • スイフト HYBRID RS(FF/CVT)
    JC08燃費 => 27.4km/L
    車両価格   => 169万円〜

走行フィールもガソリン車そのものなので、それならガソリン車の「XL」を選択してもいいと思います。

  • スイフト XL(FF/CVT)
    JC08燃費 => 24.0km/L
    車両価格   => 146万円〜

ハイブリッドらしさを楽しみたいなら、後に発売されるかもしれない「ストロングハイブリッド」を待ちたいところです。

以上、新型スイフト HYBRID RS マイルドハイブリッドの試乗レビューでした。

新型スイフトスポーツの発表も待ち遠しいところです。いったいどんなパワートレインが採用されるのか。楽しみです。