ノートe-POWER vs リーフ

こんにちは、速川ユーキ (@fastriveryuki) です。

最近、電気自動車の『日産・リーフ』を新車で買いました。EVならではの走行フィーリングと静けさに感動したのです。

航続距離や充電インフラの問題があったので「ノート e-POWER」とも迷いましたが、結果的にピュアEVであるリーフを選択しました。

その理由を両車の違いに触れつつ説明しましょう。

▼関連記事

リーフは充電が必要、e-POWERは充電が不要

リーフとノート e-POWERはどちらも電気でモーターを駆動させて走りますが、そのためには駆動用バッテリーに電気を蓄えておく必要があります。

つまり「充電」が必要なのですが、両車はその方法が全く異なります。

リーフの場合・・・

リーフ充電

備えられた充電口に、自宅や充電スポットなどから充電ケーブルを繋いで充電します。端的にはスマホと同じ感覚ですね。

ノート e-POWERの場合・・・

出典:http://www.nissan.co.jp/

外部充電機能がないので、発電用エンジンから電気を供給します。なので実質、人間が充電する必要がありません。

速川ユーキ速川

リーフは「EV」、ノート e-POWERは「HV」という違いだね!

EVであるリーフは充電する必要があるので、自宅に充電設備を備えたり、充電スポットが自宅周辺にないか確認しておく必要もあります。また、航続距離を一層気にする必要もあるでしょう。

その点、HVであるノート e-POWERは充電する必要がありません。なので航続距離や充電インフラで悩む必要がなく、ガソリン車と同じように使えます。

どう考えてもノート e-POWERの方が不安ないのですが、僕はリーフを購入しました。

EVのある生活に興味があったこともありますが、EVならではの走行フィーリングに大きな魅力を感じたのです。

加速力は同じだが、加速感はリーフの方が気持ちいい

リーフとノート e-POWERに搭載されたモーターは基本同じものですが、車重差があるのでノート e-POWERの方が速いでしょう

▼参考データ
リーフ X thanks edition → 1480kg
ノート e-POWER メダリスト → 1220kg

しかし不思議なことに、重いリーフの方が加速に「鋭さ」を感じます。雑味がないと言ったらいいのか。

ノート e-POWERはリーフ同様モーター駆動によって力強く加速しますが、加速に必要な電力が不足した場合は発電用エンジンが始動します。

その時に生じるエンジン音や振動、それが個人的に「不快」です。

EVならではのスムーズで静かで力強い加速、それがリーフの魅力なのですが、ノート e-POWERはその魅力が薄いです。

ネット上ではこんな意見がありました。

加速のレスポンス=瞬発力がリーフの方があると思います。
同じモーターを使っていても、瞬時に大電流を流すことができるのは、大きなバッテリーを積んでいるリーフの方です。

引用元:https://ev1.nissan.co.jp/LEAF/RORA/QUESTIONS/DETAIL/421

「リーフ」は車格が上ですからある程度は「ノート e-POWER」を上回る必要があり、そういう制御をしているのだと思います。また「リーフ」はPure EVですから、バシッとアクセルを踏んだ時の応答はより良いのかもれしれません。「ノート e-POWER」が電気モーターであるとしても予備の電気(バッテリー)は少ないし、バックアップのエンジンが応答するにはすこしタイムラグがあるからだと思います。

引用元:http://tarorin.com/car/2016/11/nissan_note_e_power02/

リーフの方がアクセルを踏んだ時の応答性は良いみたいですね。

同じモーターでも、急加速などで瞬時に大きな電気を必要とするシーンでは、大容量バッテリーを積むリーフの方が有利ということでしょう。

ノート e-POWERは駆動用バッテリーの残量が少なくなると、急加速などで瞬時に大きな電気を流せず、タイムラグが生じるようです。

航続距離は比較にならない

リーフとノート e-POWER、両車では航続距離に大きく差があります。

リーフは満充電で200kmくらい、ノート e-POWERはガソリン満タンで800kmくらいです。

EVであるリーフの短い航続距離が問題になるならノート e-POWER一択でしょうが、僕は問題ありませんでした。

走行安定性はリーフに軍配

ノート e-POWERはリーフに比べ車重が軽く、加速力もあるので走りは軽快です。しかしその点はリーフも負けておらず、走行安定性に関しては優れています。

ノート e-POWERはフロントに重たいエンジンとモーター、さらにインバーターまで積んでるのでフロントヘビー気味。交差点を曲がるだけでも回頭性が鈍いです。

対してリーフは最も重たい重量物がバッテリーであり、それも車体中央の床下に搭載しています。つまり、低重心かつ理想的な前後重量バランスを持っているのです。

▼前後重量配分の比較データ
リーフ ⇒ 57:43
ノート e-POWER ⇒ 65:35
ティーダ ⇒ 62:38

低重心かつ理想的な前後重量バランスを持っているため、ハンドリングには軽快感があり、走行安定性も抜群です。

高い走行安定性は運転のしやすさだけじゃなく、運転の楽しさにも繋がります。スポーツカー好きの僕でも、リーフの運転はすごく楽しいと感じます。

先進技術はe-POWERに軍配

リーフを買った僕が、一つだけノート e-POWERに嫉妬しているのが「ワンペダルドライブ」です。

日産ではワンペダルドライブを「e-POWER Drive」と称してますが、これがリーフにもあったらなと思います。

ワンペダルドライブ
アクセルペダルの踏み込み量の調整だけで加速と停止をする運転のこと。アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替えをしない分、運転が楽になる。でも、強い回生ブレーキがかけられるクルマじゃないと無理。ワンペダルドライブで有名なのは「ノート e-POWER」や「BMW・i3」がある。

ノート e-POWER はドライブモードを3つから選べるんですが、そのうち「Sモード」と「エコモード」を選ぶと減速力が強めになり、アクセルを離すだけで減速ができてしまいます。

おまけに回生ブレーキによるGが発生したタイミングでブレーキランプが自動点灯するので、後続車からの追突も心配なしです。

ワンペダルドライブに慣れると、運転がすごく楽です。もはやエンジンブレーキが効かないクルマを運転したくないと思えるレベルです。

ただ、リーフでもできなくはないです。「Bレンジ」と「エコモード」のコンボで回生ブレーキの減速力は相当強くなるので。

しかしブレーキランプが自動点灯する機能はないので、後続車がいる場合はなかなか難しいです。

静粛性はリーフの圧勝

車格が違うこともありますが、EVであるリーフはエンジン音や振動がない分、ノート e-POWERより相当静かです。

リーフの車内は静か

リーフの車内の静けさに慣れてしまうと、コンパクトカークラスのガソリン車はうるさく感じてしまいます。

誤解のないように言っておくと、ノート e-POWER自体静かなクルマです。ただピュアEVであるリーフと比べてしまうと、どうしてもエンジン音や振動が気になってしまうのです。

ランニングコストもリーフの圧勝

リーフはノート e-POWERより車両価格が100万円以上高いですが、ランニングコストはリーフの方がかかりません。

リーフはガソリン代が一切かからず、代わりに電気代がかかりますが、燃料費としてはガソリン代より全然安いです。

月間1,000km走る場合、両車ではこれほど差が出ます。

▼ノート e-POWERの燃料費

  • 走行距離1,000km
  • 燃費25km/L
  • ガソリン代120円/L
  • 合計4,800円

▼リーフの燃料費

  • 走行距離1,000km
  • 電費7km/kWh
  • 夜間の電気代12円/kWh
  • 合計1,700円

「ゼロ・エミッションサポートプログラム」に加入すれば、定額2,000円で全国にある急速充電器が使い放題です。

3,000km走っても、5,000km走っても、10,000km走っても、リーフなら月にかかる燃料費は2,000円で済むわけです。

さらにリーフは、メンテナンス費用もかかりません。

内燃機関エンジンは複雑で部品点数がすごく多いので、その分交換する部品も多く、その分メンテナンス費用がかかってしまいます。

一方EVはバッテリーに蓄えた電気でモーターを動かし走行しますが、複雑な内燃機関に比べて部品点数が少ないです。

部品点数が少ないということは、交換する部品も少ないということであり、その分メンテナンス費用も抑えられるでしょう。

もちろんEVであるリーフなら、オイル交換だってする必要がありません。

▼消耗品の交換費用
ガソリン車 電気自動車

エンジンオイル

[交換時期] 5,000km又は6ヶ月で交換

[交換費用] 4,000円〜

年間8,000円 0円

エンジンオイルフィルター

[交換時期] オイル交換2回に1回交換

[交換費用] 2,000円〜

年間2,000円 0円

ラジエター液

[交換時期] 車検毎に交換

[交換費用] 5,000円〜

年間2,500円 0円

ブレーキフルード

[交換時期] 車検毎に交換

[交換費用] 4,000円〜

年間2,000円 同左

ATフルード(ATF)

[交換時期] 5万km毎に交換

[交換費用] 6,000円〜

年間1,200円 0円

デフオイル

[交換時期] 5万km毎に交換

[交換費用] 4,000円〜

年間800円 0円

バッテリー

[交換時期] 車検毎に交換

[交換費用] 10,000円〜

年間5000円 同左

エアクリーナー

[交換時期] 4〜5万km毎に交換

[交換費用] 3,000円〜

年間750円 0円

ブレーキパッド

[交換時期] 3〜4万km毎に交換

[交換費用] 15,000円〜

年間3,750円 同左

タイヤ

[交換時期] 5年毎に交換

[交換費用] 40,000円〜

年間8,000円 同左

スパークプラグ

[交換時期] 4万km毎に交換

[交換費用] 5,000円〜

年間1,250円 0円

ワイパーブレードゴム

[交換時期] 2年毎に交換

[交換費用] 2,000円〜

年間1,000円 同左
合計 年間36,250円 年間19,750円

年間16,500円もの差が!

さらに、交換する時間も省けますよね。もうオイル交換のためだけに、カーショップやガソリンスタンドに行く必要もないです!

ハヤカワ

メンテ費用が抑えられ手間もない!
メンテが面倒って人にもリーフはおすすめ!

関連記事
電気自動車の維持費ってどれくらい安いのか調べてみた!

まとめ:自分のライフスタイルに合わせて買おう!

あくまでもぼくの考えです。

「ノート e-POWER」は素晴らしいパワーユニットですが、EVらしさは大きく感じられないです。

ピュアEVのリーフに乗ってしまうと、何もかも物足りないですね。それはEVらしさだけでなく、クルマとしての走りや静粛性もリーフの方が上です。

本当にEVの雰囲気を味わいたいなら「リーフ」をおすすめします。てかEVだし。

でも、航続距離や充電インフラが問題になるなら「ノート e-POWER」をおすすめします。

結局のところ、クルマは自分のライフスタイルに合わせて買うのが一番ですよ。

以上、リーフ乗り(予定)の戯言でした!