速川ユーキ

ウオォー!!
新車が納車されたぜー!!

新車のリーフが納車された様子

こんにちは。新車が納車されてテンション上がってる速川ユーキ(@fastriveryuki)です。

納車されたのは初の電気自動車『日産・リーフ』です。今後はEV関連の記事もどんどん更新していきます。お楽しみに!

さーて、皆さん?

新車を買ったら最初にすべきことって分かってますよね?

え、分からない・・・!?

速川ユーキ

そんなの・・・
ガラスコーティングに決まってる!!

愛車をもっと愛したい、充実したカーライフを送りたい、そう思うなら絶対にガラスコーティングは施工すべき!

見た目は新車以上のツヤと輝きが出るし、ガラス皮膜によってボディの変色も防げます。おまけに水洗いだけで簡単に汚れが落ちるので、洗車がめっちゃ楽!

もはやガラスコーティングをやらない理由がない!!

てわけで、新車が納車されてから真っ先に、あるガラスコーティング専門店に行ってきました。

速川ユーキ

新潟でガラスコーティングといったら・・・
リボルト新潟でしょ!!

ドン

ぼくがリボルト新潟を選ぶ 3 つの理由

リボルト新潟の外観

納車されて真っ先に向かったのは「リボルト新潟」。あいにくの雨でしたが、スタッフが傘を持って出迎えてくれました。うれすぃー!

リボルト新潟はガラスコーティングの専門店。実は前もお世話になってて、ガラスコーティングの仕上がりにはとても満足させてもらってたので、今回リピートでお願いしました!

関連記事
リボルト新潟のガラスコーティングおすすめ!仕上がりは感動ものだ!

新潟には数多くのガラスコーティング専門店がありますが、ぼくが再び「リボルト新潟」を選んだのは決定的な理由があるからです。それを説明しましょう。

1. ガラスコーティングに最適な環境であること!

リボルト新潟ではハイクオリティーなガラスコーティングを実現するため、それに最適な環境が整えられてます。

 

速川ユーキ

まず “完全屋内作業” であること!

まぁプロなら当然。
もはや必須条件だよね。

完全屋内作業によるガラスコーティング

「別に屋外でもいいでしょ」とか思ってる人がいたら、それは大きな間違い。

ハイクオリティーなガラスコーティングの仕上がりを得るためには、完全屋内作業は絶対に外せません。

クルマの塗装はものすごく繊細でデリケートなので、洗車時・磨き時・油分脱脂時・コーティング塗布時の拭き上げでは、非常に気を使うそうです。

だから風で舞い上がってきた砂埃や細かなゴミの侵入を許すなんて、もってのほか!

それにコーティング剤は、気温が高いと乾きやすく、湿度が高いと乾きづらくなります。なので、空調管理も可能な屋内での作業が理想的です。

このブログを読まれてる方で、もし屋外でのガラスコーティングを考えられてる場合は絶対おすすめしません。

もし下地処理(汚れ落とし、磨きなど)の途中で砂埃がボディの塗装表面に付いちゃったら? そしてそのまま磨いちゃったら?

それ、もはやガラスコーティングしてる意味すらないよ!

そもそも屋外じゃ砂埃やゴミが気になって、作業に集中できないと思うんだけどなぁ。ぼくなら無理、仕事にならなそう。

リボルト新潟はハイクオリティーを常に追求してるため、外気を完全シャットアウトし、コーティング作業に集中できるように室内環境が整備されてるので安心です!

 

速川ユーキ

あと “室温・湿度管理” してること!

え、完全室内作業で十分?
甘い、甘すぎるぞ!!

完全硬化型のコーティング剤の場合、温度と湿度の管理はものすごく重要になるそうです。

コーティング剤は空気中の水分を取り込みながら硬化してガラス被膜を形成するんですが、湿度が高いと空気中の水分が多すぎて細かな気泡ができてしまうそうです。

新潟では気温も湿度も季節によって大きく変わりますからね。こういった室内環境の整備は非常に大事です。

 

速川ユーキ

そして “最先端の高輝度LED照明” だ!

これなしにハイクオリティーは追求できん!

ぼくが新車をリボルト新潟に預けた時、クルマに細かな傷や磨きムラ(オーロラマーク)があると教えてもらいました。

細かな傷

これは高輝度LED照明によって確認することのできた “細かな傷” です。

目を凝らさないと確認できないようなものでしたが、細かな傷や磨きムラを残したまま施工すると、ガラスコーティングの品質は大きく落ちます。コーティングムラが残ってしまうためです。

特に完全硬化型ガラスコーティング剤(リボルト新潟では『リボルト・プロ』)に関しては、クリア層に緻密に結合して強固なガラス被膜を形成するので、細かな傷や磨きムラは絶対に残しておけません。

なので、細かな傷や磨きムラを見逃さないように「高輝度LED照明」でクルマのボディを明るく照射します。

従来は水銀照明が当たり前だったそうですが、今の先端照明技術はやはりLEDみたいですね。

LEDは光の直進性が高くて光量も大きいので、クルマのボディをより明るく照射でき、作業性に優れハイクオリティを実現できるとのことです。

ただ費用がバカ高いらしい・・・。それでもリボルト新潟はハイクオリティーを追求してるため、大型の高輝度LED照明を導入してます。

どんな仕事でもそうだけど環境って大事だよね! 見習わないと!

 

2. 高度なコーティング技術・ノウハウ

実はリボルト新潟は、「リボルト/REVOLT」っていうフランチャイズ加盟店の内の1店舗です。現在、加盟店は全国21店舗もあります。

だから何って話ですが、個人店や小さなグループにはないアドバンテージがリボルト新潟にはあるんですよ。

「リボルト/REVOLT」には、全国全店舗で蓄積されたコーティング技術・ノウハウが集約されてるのです。

個人店でも技術・ノウハウは持ってるかもしれませんが、「リボルト/REVOLT」は全国21店舗ですからね。スケールがまるで違う。

クルマの車種ってめっちゃあるし、塗装状態なんて年式やボディーカラーでまた違います。その中から磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせを決めるんだから、そりゃあ大変ですよ。

でもリボルト新潟なら問題なし!

なぜなら「Revolt adjust system(リボルトアジャストシステム)」っていう独自技術があるからです!

これは全国全店舗で地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などの情報を収集し、高度な下地処理技術を確立したものです。

世の中には様々なガラスコーティング剤が出回ってますよね。手軽だし安価だし成分も良さそうだし、つい買っちゃいそうになります。

でもコーティングの良し悪しって “7〜8割は下地処理” が決め手になります。コーティングの仕上がりは下地処理でほぼ決まるようなもんです。

リボルト新潟なら「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」によって、高度な下地処理が可能です。

 

▼細かな傷(下地処理前)

細かな傷(下地処理前)

 

▼細かな傷(下地処理後)

細かな傷(下地処理後)

 

新車でも細かな傷が付いてしまってる場合がありますが、新車塗装に負荷をかけないように磨いてもらいました。

 

▼磨き傷(下地処理前)

磨き傷(下地処理前)

 

▼磨き傷(下地処理後)

磨き傷(下地処理後)

 

細かな傷だけじゃなく、人為的な磨き傷もご覧の通り。独自の高度な下地処理技術によって、こんなにも塗装表面が綺麗になりました。

この状態でガラスコーティング剤を塗布すれば、もう完璧ですね!

環境も素晴らしければ、技術・ノウハウも素晴らしい! これがリボルト新潟の魅力です!

3. 顧客目線で考えてくれるスタッフ

リボルト新潟のガラスコーティングは、確かに素晴らしいサービスです。でも、最終的な決め手になるのは「人」です。

どんなに素晴らしい商品やサービスが売りつけられても、ぼくは相手によっては買いません。その理由の1つに「職人気質」であること。

職人気質自体は悪いって思わないけど、度が過ぎると顧客目線を失って傲慢な態度をとる人がいます。

ぼくはそういう人ってNGなんで、初めてリボルト新潟に行った時はちょっと心配でした。だってガラスコーティング専門店ってなんか職人って感じしない?

でもそんな心配は杞憂でした。リボルト新潟のスタッフはとっても親切。顧客目線で考えて丁寧に説明してくれます。

親切なスタッフ

もちろん技術・ノウハウには自信ありだから、どんな質問でも親切に答えてくれます。ぜひ一度見学に行って、疑問を全部この背中にぶつけてみなされ!

 

ガラスコーティングを施工した結果がこれ!

リボルト新潟でガラスコーティングしてもらった仕上がりですが、その前にBefore写真からどうぞ!

 

▼Before写真

下地処理前の塗装表面

これは下地処理前に撮影してもらったもの。新車だし綺麗は綺麗だけど、今見ると若干ぼやっとした印象がありますね。

 

光沢計(グロスチェッカ)で下地処理前の塗装の光沢をチェック

光沢計(グロスチェッカ)で塗装の光沢度を計測してもらいました。「84」という数値が表示されてますが、何箇所か計測してもらうと平均85前後の光沢度でした。

これは新車の一般的な数値のようで決して低い数字じゃないそうですが、下地処理及びガラスコーティング施工後はさらに高い数値が表示されるとのこと!

それじゃお待ちかね! ガラスコーティング施工後のAfter写真をご覧あれ!

 

▼After写真

施工後の塗装表面

光沢が増してるのが分かりますか? LED照明の光がよりシャープに映り込んでるのが分かりますか?

おまけに色が濃くなったような鮮やかさ、そしてツヤに深みが出たような印象です!

新車のリーフがツヤツヤで麗しくなりました! 実際見るともっとすげぇぞ!

 

光沢計(グロスチェッカ)でガラスコーティング施工後の塗装の光沢をチェック

施工後も光沢計(グロスチェッカ)で塗装の光沢度を計測してもらうと、なんと「97」って数値が表示されました。平均すると95前後といったところですが、明らかに光沢度がアップしました!!

実際仕上がりを見てすぐツヤが増してるなって感じましたが、こうして数値で確認してみて、改めてリボルト新潟のガラスコーティングってやっぱハイクオリティーなんだなって実感しました!

施工後、ぼくのカーライフはどう変わったか?

リボルト新潟のガラスコーティングはすごい。それは上記でお伝えした通り。サービスとしては実に素晴らしい。

でも肝心のその先に待つカーライフはどうなのか? ユーザー体験としては成功と言えるのか? その辺を述べます。

メンテナンスに時間を割かれなくなり、自由になった!

まずワックスを使う必要がなくなるってのが最高に嬉しい。ワックスって塗っても雨ですぐ流れ落ちるからね。また塗るのめんどくさすぎ!

洗車もとっても楽。ガラスの被膜上に汚れが乗ってるだけなので、水洗いだけで簡単に汚れが落ちていきます!

あとメンテナンス方法が簡単。施工後に貰えるメンテナンスキット(専用シャンプー・メンテナンスリキッド・マイクロファイバークロス)を使って、定期的に洗車すればOK。カー用品店で商品を選ぶ時間と労力がなくなったのも嬉しいポイント!

とにかく、メンテナンスに多くの時間を費やすことがなくなったってのが大きなメリットですね。けっこう自由な時間が増えました!

時間ほど大切なものはないからね。時間は命。これ間違いない!

愛車をもっと好きに、そして「恋」が始まった!?

クルマを買うってとても高い買い物です。せっかく高い金を払って買ったんだから愛着は持ちたいもの。

とはいえ、愛車のボディが汚いと愛着なんて湧きません。汚いクルマが好きって人はいないでしょう。

でもリボルト新潟でガラスコーティングすれば、愛車はピカピカ! しかも、完全硬化型ガラス被膜によってイオンデポジット(雨シミ)やウォータースポットになりにくいのでボディも汚れにくいです!

愛車がピカピカでいてくれる状態が長くなるので、それだけ愛情も注げるって感じですね!

正直ね、毎朝自宅を出て愛車に会うのが楽しみでニヤニヤドキドキしちゃうんですよ。これ「恋」なんじゃないかって思うくらい。

エンナ

おまえな、その気持ちを嫁に使えよ。
クルマじゃなくて人間にな。

ズン

速川ユーキ

深い恋に落ちない人生など、人生なんて言えない。
その恋を見つけられるように努力すること、それが生きるってことだ。

エンナ

おい、話を聞け。
なんかの名言を引用してセリフ言うんじゃねぇ。

ぼくの大好きな映画『ジョー・ブラックをよろしく』に登場するビルの名言。ぼくの胸に突き刺さった人生論です。

あ、「クルマに恋をしろ」とかそういうんじゃなく。恋とは興奮、つまり感情が高ぶること。感情の高ぶりは人生に刺激を与えます。

刺激のない人生なんてつまらないですよね?

ぼくにとってクルマは毎日出会うもの。そこに感情の高ぶりがなければ、それはつまらないカーライフです。

ぼくは感情高ぶってます! リボルト新潟でガラスコーティングしてもらってから最高のカーライフですよ!

何かあってもサポートがあるから安心!

市場に出回ってるガラスコーティング剤を買って、自分でやる方法もあるでしょう。そっちの方が安上がりだしね。

でも本当にそれが正しい選択?

コーティングの仕上がりは下地処理で決まるよ? 自分で下地処理できる? 技術やノウハウあるの?

そもそもガラスコーティング剤の良し悪しって分かる? 市場には偽物も出回ってるよ?

もし失敗したらどうする? 自分でやらなきゃよかったと後悔する? そのまま後悔のカーライフを送るの?

ぼくなら絶対に自分でやらないですね。リスクありすぎ!

自分でやるから愛着が湧くっていうけど、ぼくは愛着があるからこそプロに任せたいです。

リボルト新潟で一度施工してもらえば、その後のサポートやアドバイスも受けてもらえます。

その安心感たるや、おれのバックにはプロがついているって感じで心強いのであります。

リボルト新潟のガラスコーティングがおすすめな人

最後にリボルト新潟のガラスコーティングをおすすめしたいって人をまとめておきました!

もし当てはまってるようなら、今すぐリボルト新潟まで見学に行ってみましょう!

新車を買った人

クルマのボディのコンディションが一番良いのって、やっぱ新車の状態だと思うんですよ。

洗車による細かな傷や磨き傷、イオンデポジット(雨シミ)やウォータースポットもほとんどないので、クルマが最も輝いてる状態といえます。

その状態のままボディをガラスコーティングで包み込んでしまえば、新車の輝き、いやそれ以上の輝きを長期間保つことができます。

新車が納車される予定のある人、もしくは新車を買ったばかりの人は特におすすめですね!

中古車を買った人

別に新車じゃなくても、中古車も全然おすすめできます!

細かな傷や磨き傷、イオンデポジット(雨シミ)やウォータースポットがあっても問題ないです。

だってリボルト新潟には、高度な下地処理技術があるんだからね!

リボルト新潟の下地処理にかかれば、中古車も新車のように生まれ変わります。

中古車だからと臆することなく、まずはリボルト新潟まで相談してみるといいでしょう!

愛車をこよなく愛する人

新車・中古車にかかわらず、とにかく愛車をピカピカにしたいなら迷わずガラスコーティングしてくださいな。

愛車が好きなら、ガラスコーティングをやらない理由なんてありませんよ?

さぁ、ガラスコーティングをして、もっともっと自分の愛車を好きになってください。

洗車やメンテナンスに時間を割けない人

ブラック企業に勤めてるから残業ばかりで洗車する時間がない、でもクルマはピカピカにしたい、そんな人にガラスコーティングは非常におすすめです。

クルマがピカピカになるばかりか、水洗いだけで簡単に汚れが落ちるので、洗車に時間をかける必要がそもそもなくなります。

もちろんワックス不要なので、メンテナンスに煩わしさもありません。

さらに、リボルト新潟でガラスコーティングを施工すればメンテナンスキットが貰えます。

わざわざカー用品店でカーシャンプーを選ぶ必要もありません。

速川ユーキ

さぁ気になったらリボルト新潟を見学してみよう!

▼店舗概要
店舗名 リボルト新潟
住所 〒950-0951
新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL 025-250-6712
施工サービス
  • ガラスコーティング
  • 部分コーティング
  • ホイールコーティング
  • 窓ガラス撥水加工
  • 板金塗装修理
  • カーフィルム
  • 下回り防錆加工
  • 洗車サービス
公式サイト http://www.revolt-niigata.com/