誰でもできるクルマのお手軽なドレスアップの一つである「ナンバー灯のLED化」はやっていますか?

やっていないとしたら少しもったいないかも。低コストで愛車のリアビューの雰囲気を一変できますよ!

それほど純正のナンバー灯は暗かったり地味な印象があります。いくら個性的なクルマでも見方によってはもったいないです。

そこで「ナンバー灯のLED化」をしたらこんなにかっこよくなるよという話と、その際のドレスアップ方法、そして注意点をまとめました。

愛車をお手軽にドレスアップしたいって人は、ぜひ参考にしてください!

そもそも「ナンバー灯」とは?

一応「ナンバー灯」そのものについて説明しときます!

ナンバー灯とは、別名「ライセンスランプ」ともいい、クルマを識別するためのナンバープレートに記載されたナンバーを、夜間でも確認できるようにするためのもの。ちなみに正式名称は「番号灯」といいます。

↓これ

ナンバー灯

ナンバー灯は、車幅灯(ポジションランプ)または前照灯(ヘッドライト)を点灯させると同時に点灯します。

免許を取ったばかりの人は「ポジションランプ」とごっちゃになるかもしれないけど、それはこっち。

ポジションランプ

純正のナンバー灯は黄色がかって微妙!

純正ナンバー灯の黄ばんだ光

このクルマはぼくが乗ってるリーフなんですが、ナンバー灯が黄色がかって地味な感じしません?

この暖色系の色ですが、ぼくはハロゲンランプのヘッドライトを想像しちゃいます。ハロゲンランプってどうしても古臭いってイメージが湧いちゃうんですよね。やっぱ時代は「LED」ですよ。

 

純正ナンバー灯によるリアビュー

クラシックなイメージを表現したいならこの暖色系の色も良いんですが、どっちかと言えばリーフは電気自動車だし先進的なイメージを出したいところ。

そんな時におすすめなのが『ナンバー灯のLED化』なんです。交換は簡単だしお金もかかんないですよ!

ナンバー灯のLED化で一気にカッコよくなる!

LEDナンバー灯の白く明るい光

リーフのナンバー灯をLEDに交換した際の写真です。明るさが全然違うので、なんだかナンバーがくっきり見える印象があります。

 

ナンバー灯をLEDに交換したイメージ

光の色もホワイトでクールな印象があるし、今時の「LED」って感じがしますねぇ。

それじゃ、ナンバー灯の交換方法について説明します。作業はとても簡単だしお金もかからないので誰でもできますよ!

ナンバー灯のLED化はとても簡単!

「VALENTI(ヴァレンティ) ジュエルLEDバルブ T10ウェッジ(W2.1×9.5d型) クールホワイト 6500 VL51-T10-65」の外箱

まず、ナンバー灯に使えるLEDバルブを用意しときます。

ぼくは「VALENTI」ってメーカーのLEDバルブをチョイスしました。LEDバルブは市場に出回りまくってますが、LEDに関して言えば信頼できるメーカーです。

「VALENTI(ヴァレンティ) ジュエルLEDバルブ T10ウェッジ(W2.1×9.5d型) クールホワイト 6500 VL51-T10-65」を開封

開封すると、LEDバルブが2つ入ってます。あまり指紋など指の脂が付かないように取り出しましょう。

 

LEDバルブの特性

ご親切に、点灯しない場合の対処法が記載された紙も同梱されてました。文字に起こすとこんな感じ。

LEDバルブには極性があります。点灯しない場合は、ソケットの「+」「-」の差し込み向きを変えることで点灯します。

 

ナンバー灯のカバー

それじゃ、交換するためにナンバー灯の本体を探ります。ナンバープレートを下から覗き込めば確認できるはずです。

すると、バルブを覆う「レンズ」が確認できます。リーフに関して言えば、固定フックで引っかかって固定されてるだけなので、簡単に素手で取り外せます。

中にはドライバーがないと取り外せない車種もあるので、そこは適宜対応しちゃってください。

 

ナンバー灯のカバーと取り外した状態

レンズのみ取り外せるかと思いきや、ソケットやワイヤーを含んだユニットごと取り外せました。こういうパターンもあるってことで。

そしたら、ソケットを反時計回りに回して取り外します。

 

純正のナンバー灯のバルブ

ソケットに刺さった純正のナンバー灯のバルブは、そのまま引っ張れば簡単に取り外せます。

 

LEDバルブの交換

取り外したら、LEDバルブを取り付けます。取り付けも、そのまま挿入口に突き刺すだけで簡単にできます。

ちゃんと点灯するか確認は忘れずに。点灯しない場合は「+」「-」が逆になってるので、向きを変えて付け替えてみましょう。

点灯したらナンバー灯のユニットを取り付けて、『ナンバー灯のLED化』は終了です。

Before/Afterを見れば、その違いは一目瞭然ですね。ナンバープレートを明るいホワイトで照らすことで本来のカラーが出てるし、今時って感じです!

色と明るさに注意しないと車検に通らない!?

ナンバー灯をLEDに交換したらこんなカッコよくなるよって話でしたが、最後に注意点を言っときます!

ナンバー灯の光に問題があった場合、車検に通らない可能性があります!

ハヤカワ

せっかく『ナンバー灯のLED化』をしても、車検に通らなかったって話はよくあるのだ・・・。

だから「LEDバルブ選び」は慎重に行う必要がある!

どういった場合にナンバー灯の光に問題があるかは、日本の法律である「道路運送車両法」の第36条で定められています。

道路運送車両の保安基準 第36条 (番号灯)

  1. 自動車の後面には、番号灯を備えなければならない。ただし、最高速度二十キロメートル毎時未満の軽自動車及び小型特殊自動車にあつては、この限りでない。
  2. 番号灯は、夜間に自動車登録番号標、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標又は車両番号標の番号等を確認できるものとして、灯光の色、明るさ等に関し告示で定める基準に適合するものでなければならない。
  3. 番号灯は、その性能を損なわないように、かつ、取付位置、取付方法等に関し告示で定める基準に適合するように取り付けられなければならない。

『ナンバー灯のLED化』の際に引っかかってくるのは第2項ですね。つまり、灯光の色と明るさは基準に合うものにしなさいよってことです。

その基準の詳細は、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」の第205条で定められています。

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示 第205条 (番号灯)

番号灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第36条第2項の告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。

  1. 番号灯は、夜間後方20mの距離から自動車登録番号標、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標又は車両番号標の数字等の表示を確認できるものであること。この場合において、番号灯試験器を用いて計測した番号標板面の照度が30lx以上のものであり、その機能が正常である番号灯は、この基準に適合するものとする。
  2. 番号灯の灯光の色は、白色であること。
  3. 番号灯は、灯器が損傷し、又はレンズ面が著しく汚損しているものでないこと。

ちと長ったらしいので、『ナンバー灯のLED化』の際に注意すべき点を分かりやすくまとめると・・・

  • ナンバーがちゃんと確認できなきゃダメ!
  • 灯光の色は「白色」じゃなきゃダメ!

・・・ってことです。

つまり、こんな感じのナンバー灯はNGです。

車検に通らないナンバー灯

灯光の色が青色だったり、他にも明るさにムラ(照度や輝度に差)があったりすると、ナンバーの目視がしにくいので車検に通らなくなります。

LEDバルブは市場に出回りまくってるので、いくら格安でも簡単に手を出すのは避けた方が良いでしょう。

ぼくはずっと「VALENTI」ってメーカーのLEDバルブを使ってますが、これで車検が通らなかったことはないです。

あと日星工業のPOLARG(ポラーグ)のLEDバルブも良いですね。これはS660に取り付けてます。

保安基準を満たさない『ナンバー灯のLED化』については、以下サイトも参考になりますよ。

参考サイト
ナンバー灯LEDは車検に注意!

最後の最後で断っときますが、ぼくが紹介したLEDバルブでも車検に通らなくなる場合もあります。

結局判断するのは自動車検査員による目視です。個人の裁量なので、同じLEDバルブでも「白」って判断する人もいれば、「青」って判断する人もいるんです。

ここ曖昧なんですよねぇ。なので、もし心配なら車検前に純正バルブに変えておくのも良いでしょう。