三菱・iMiEV

みなさん、こんにちは。速川です。

通勤やお買い物など、クルマの主な使用はチョイ乗りだという方におすすめしたいクルマがあります。

それは2010年から発売されている電気自動車の『三菱・i-MiEV(アイミーブ)』です。

発売から年数が経っていますが、これほどチョイ乗りにぴったりなクルマはないです。その理由をまとめてみました。

チョイ乗りによるエンジン不調がない

チョイ乗りはエンジンに負担がかかり、エンジン不調を起こすことがあります。そうなれば走行に支障をきたしたり、最悪走行中にエンストを起こし大事故に発展してしまうこともありえます。

実は意外と怖いチョイ乗りですが、EVであるアイミーブならそんな心配は無用です。エンジンそのものがないので、エンジン不調を起こそうにも起こせません。

また複雑な構造のエンジンに代わるモーターは、パワートレインとしては造りもシンプルです。故障する箇所が少ないから、故障する心配も少なくて済みますよ。

チョイ乗りによるランニングコスト増加がない

ガソリン車は、チョイ乗りが多いと燃費が悪化します。エンジンが暖まって水温が安定する前に、目的地に着いてしまう (燃調が濃いまま走ってしまう) からです。

おまけにチョイ乗りはエンジンオイルの劣化を早めたり、バッテリー上がりを起こしやすくします。その結果、燃料費やメンテナンス費用が高くつくでしょう。

しかしアイミーブはEVなので、チョイ乗りによる燃費 (電費) 悪化やエンジンオイルの劣化がないです。バッテリー上がりもほぼなし。12Vバッテリーの電気が減れば、駆動用バッテリーから充電されます。

また電気はガソリンに比べ、エネルギー代が1/3ほど安いです。月に1000km走るとしたら、ガソリン車が9000円かかるのに対し、アイミーブは3000円しかかかりません。

おまけに月額1500円で充電し放題になる「三菱自動車 電動車両サポート」があるので、アイミーブならランニングコストをぐっと抑えられます。

▼関連記事
電気自動車 (EV) の維持費がどれくらい安いのか調べてみた

チョイ乗りならEVの航続距離の短さが気にならない

アイミーブの一充電走行距離は、Mグレードで120Km、Xグレードでは172Kmとなっています。

あくまでカタログ値なので実際はその70%程度、Mグレードなら84km、Xグレードなら120kmといったところでしょうか。

走り方や走行環境によって多少変わりますが、それでもチョイ乗りなら全く問題ない航続距離といえるでしょう。

今に至っては充電スポットが増えてきているので、ある程度のロングドライブだって可能です。EVはわりと身近なクルマになってきてますよ。

取り回し性が良く、日々のチョイ乗りに最適

大柄なSUVでは日々のチョイ乗りは大変ですが、アイミーブはEVとはいえ軽自動車なので、取り回しがとても楽です。

狭い道での対向車とのすれ違い、混み合った市街地道路、そういった場所でもほとんどストレスなく運転できるでしょう。

かくいう僕も狭い住宅街に住んでいるので、軽自動車のコンパクトな車体がとても魅力的に映ります。アイミーブもその例外ではありません。

また、モーターは0~2000rpmから最大トルク160N・mを発生させるので「軽自動車だから遅い」は一切なし。デリカD2が4400rpmで118N・mだから、むしろコンパクトカーより速いでしょう。

取り回し性が良く、かつ軽快でトルクフルに走るアイミーブは、日々のチョイ乗りでも快適です。

中古車がお買い得

EVは高価なイメージがありますが、アイミーブはその中でも身近な存在です。CEV補助金を差し引くことができれば、新車でも200万円近くで買えます。

しかし、中古車を買うのも全然アリです。タマ数は少ないですが、高年式モデルでも100万円以上値落ちしています。

僕がアイミーブを買うなら、間違いなく中古車を選びますね。

まとめ

アイミーブは“軽規格のEV”というのがミソですね。

軽規格のEVといえば、2019年に日産は三菱との共同開発によってその販売をするようですが、価格がどうなることやら。

しかしアイミーブは、中古車がお買い得です。新車でも今ならまだCEV補助金が出ます。

大きな弱点は航続距離 (一充電走行距離) ですが、チョイ乗りメインなら前述の通り問題ありません。

ぜひチョイ乗りメインでクルマを買いたい、または乗り換えたい方は、アイミーブを候補にしてみてください。

おわり