新型スイフトハイブリッド (HYBRID SL)

こんにちは、クルマ好きの速川ユーキ (@fastriveryuki) です。

2017年7月、スズキ・スイフトに待望のハイブリッドが追加されました。

4代目スイフトは登場時からハイブリッドを名乗るモデルが存在していたので、今回「スイフトハイブリッド!?」と疑問を抱いた方もいるでしょう。

実はこれまで設定されていたハイブリッドを『マイルドハイブリッド』、そして新しく設定されたハイブリッドを『フルハイブリッド』と呼ぶのがスズキ流です。(ストロングハイブリッドとも呼ばれます)

なんだかややこしいですが、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの大きな違いは以下の3つです。

  • モーターアシスト
  • 燃費性能
  • 走行性能

出典:http://www.suzuki.co.jp/

では具体的にどう違うのか、スイフトハイブリッドの実力はどうなのか、上級グレードである「HYBRID SL (2WD/5AGS) 」を試乗してきたのでレポートしたいと思います。

EV走行によって上質感が高まった

マイルドハイブリッドとフルハイブリッドで大きく違うのは、駆動に使うモーター。前者は ISG (モーター機能付発電機) 、後者は MGU (駆動用モーター) を駆動に使います。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

マイルドハイブリッドでは、「ISG」が減速エネルギーによって発電し、専用鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーに充電。加速時はその電力を使い、モーター駆動によってエンジン出力を抑えアシストします。

一方フルハイブリッドでは、「MGU」が減速エネルギーによって発電し、高電圧リチウムイオンバッテリーに充電。加速時はその電力を使い、エンジン出力を抑えることなくモーター出力を上乗せして力強くアシストします。

つまり、フルハイブリッドの方がモーター出力が上乗せされた分、走りにおいて余裕を感じられます。低中速域ではストレスなく走らせることができます。

さらにMGUはモーターのみでのEV走行が可能。EV走行をしている間はエンジンが停止されているので車内は静か、マイルドハイブリッドより上質感があります。

また標準/エコモードの切替ができ、積極的にエンジンを停止させてモーター駆動を行えます。

AGSは変速ショックは極小、万人が乗れるAMT

スイフトハイブリッドのシフト

マイルドハイブリッドが「CVT」なのに対し、フルハイブリッドは「AGS (オートギアシフト) 」を採用。いわば「セミオートマチックトランスミッション (AMT) 」のことで、クラッチ方式のため駆動力の伝達効率が優れた変速機です。

AGSを搭載したスイフトハイブリッドを運転してみると、まるでMTのようなダイレクトなドライブフィールを味わえました。アクセルを踏み込んだり、シフトダウンして回転数が上がっても、エンジンの回転とダイヤの回転が同調しているので、CVTのような「すべり感」がありません。

AGSの欠点と言われる「変速ショックの大きさ」も気になりません。これまでにもAGS車を運転したことはあるのですが、スイフトハイブリッドのAGSは最も変速ショックが小さいです。

これはスイフトハイブリッドに搭載されるAGSの変速スピードが従来より速いだけでなく、「ハイブリッド化」による恩恵が大きいでしょう。

そもそもAGSによる変速ショックは、クルマを加速させている状態からクラッチを切って空走状態になることで急激なGの変化 (加速G→減速G) が生まれ、乗員の体が前後に揺すられるというものです。

そこでスイフトハイブリッドでは、クラッチを切って駆動が断絶されるタイミングにおいてもモーター駆動を行い、急激なGの変化を生まないようになっています。

そのおかげで加速は途切れが少なくスムーズなので、AT限定免許の方が乗っても大きな不満は出ないでしょう。

パドルシフトが楽しく、スポーティなハイブリッド

出典:http://www.suzuki.co.jp/

CVT車のパドルシフトを操作したことがあるのですが、あくまでも疑似的な変速なので、良くも悪くも変速ショックがありません。しかしスポーティさを求めるなら、多少の変速ショックも必要だと思います。

その点スイフトハイブリッドは変速ショックが小さいとはいえ、パドルシフトによる変速にはダイレクト感があります。クラッチの存在はやはり大きいです。

また手動での変速操作なので変速ショックに唐突感がないですし、パドルシフトを使うことで変速スピードがさらに速くなります。AGSのスポーティさが一層増すので、積極的にパドルシフトを使いたくなりますね。

これだけスポーティなハイブリッドは、このクラスではスイフトハイブリッドが唯一かもしれません。ズバリ、AGSとパドルシフトの相性は抜群です。

CVTのハイブリッドではスポーティさを求めるのは違う気がしていましたが、AGSを搭載するスイフトハイブリッドではスポーティさを求めても期待外れということはないでしょう。

スポーティだけど燃費がすこぶる良い

スイフトハイブリッドは、ハイブリッドだけど実にスポーティ。しかし燃費はそこまで良くないのだろう、と思ったら燃費性能も実に優れていました。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

マイルドハイブリッドが27.4km/Lなのに対し、フルハイブリッドは32km/Lを実現しています。

ライバルとなるアクアS (34.4km/L) やノートe-POWER・X (34km/L) にも引けを取らない数値です。

これほどの差なら、トータルでかかる燃料費に大きな差は生まれないでしょう。カタログ燃費だけで購入を決める時代はとっくに終わっています。

ハイブリッド専用メーターが見ていて面白い

ハイブリッド専用メーター

クルマの電動化に関心がある自分にとって、スイフトハイブリッドに採用された「ハイブリッド専用メーター」は見ていてワクワクします。とても幅広い情報がチェックできるようになっています。

例えば、タコメーターの内側にあるモーターパワーメーターでは、モーターアシスト量や減速エネルギー回生量の状態をチェックできます。モーターのみでのEV走行をしている状態もチェックできます。

真ん中のマルチインフォメーションディスプレイでは、バッテリー残量もチェックできます。バッテリー残量が少なければ、できるだけ減速エネルギーで回生させようと考えるのも楽しいですね。

スイフトハイブリッドはAGSによるスポーティーさだけでなく、ハイブリッドらしさも十分に兼ね備えています。ワクワクさせる要素がいくつもあって素晴らしいです。

フルハイブリッドでも「スイフトらしさ」がある

マイルドハイブリッド (HYBRID ML) の車重が900kgに対し、スイフトハイブリッド (HYBRID SL) は960kg。フルハイブリッド化で60kg重くなりました。

しかし、スイフトらしい軽快な走りは健在でした。ぼくが以前に試乗したマイルドハイブリッド (HYBRID RS) と比べても、スイフトらしさが希薄になった印象はありません。

ステアリングの舵角に応じて率直にクルマの向きが変わっていく印象で、軽快なハンドリングをまったく損なっていませんでした。

おそらく高電圧リチウムイオンバッテリーを荷室の下に搭載したことで、クルマの前後重量配分と重心の低さが最適化されているのだと思われます。

そもそも60kg重くなったとはいえ、スイフトハイブリッドの車重はコンパクトハイブリッド市場のなかでもズバ抜けて軽いです。

  • トヨタ・アクア => 1060kg
  • 日産・ノートe-POWER => 1170kg
  • ホンダ・フィットハイブリッド => 1080kg
  • スズキ・スイフトハイブリッド=> 960kg

この圧倒的な軽さが、スイフトハイブリッドの優位性ともいえるでしょう。車重の軽さが軽快な走りを生み、優れた燃費性能を実現させています。

スイフトハイブリッドは買いか?

スイフトハイブリッドは同等装備のマイルドハイブリッドより、22万円ほど高い価格設定となっています。

その価格差を「どんな価値」で埋めるのか、それが購入の決め手となるでしょう。

HYBRID SL (2WD/AGS) HYBRID ML (2WD/CVT)
※セーフティパッケージ
エンジン K12C型 直4DOHC16バルブ K12C型 直4DOHC16バルブ
最高出力 (エンジン) 91ps/6000rpm 91ps/6000rpm
最大トルク (エンジン) 12.0kg・m/4400rpm 12kg・m/4400rpm
最高出力 (モーター) 13.6PS/3185-8000 3.1PS/1000rpm
最大トルク (モーター) 3.1kg・m/4400rpm 5.1kg・m/100
車両重量 960kg 900kg
JC08モード燃費 32.0km/L 27.4km/L
価格 1,949,400円 1,721,520円

まず真剣に考えておくべきは「トランスミッション」の違い。AGSの変速ショックが従来より小さくなったとはいえ、CVTに慣れたドライバーには抵抗があるかもしれません。

逆にCVTのすべり感が好きでないなら、AGSはおすすめ。ダイレクトなフィーリングを味わいながら、ワインディングなどスポーティに走りたい方にもおすすめです。

また「ハイブリッド方式」の違いにも注目しておくべきでしょう。モーターのみでのEV走行が可能なフルハイブリッドは、マイルドハイブリッドより遥かに「クルマの電動化」の世界観に浸れます。

ちなみにフルハイブリッドの方が4.6km/L高燃費ですが、相殺するには20万km以上走る必要があります。燃費性能はそこまで気にする必要はないでしょう。

以上、スイフトハイブリッドの試乗レポートでした。