こんにちは、初代リーフオーナーの速川幸 (@yukiukkiy) です。

2017年9月6日、日産は電気自動車(EV)である「リーフ」の約7年ぶりとなるフルモデルチェンジを発表した。

その発表で思ったことだが、世の中の「新型リーフ」への関心度は、初代リーフが2010年に発表された時より高い気がする。

まず、新型リーフのワールドプレミア会場の規模のデカさに驚かされた。日産の新型リーフへの力の入れようが半端ではないことを、多くの人は知ったと思う。

また、フランス、イギリス、インド、中国などでは、将来的にガソリン/ディーゼル車の販売を禁止すると言われている。時代の大きな変化に感づいている人も多いはずだ。

速川幸速川幸

時代はEVに向かっているんだな!
新型リーフに興味が出てきたぜ!

EVに乗ったことがないけど新型リーフに興味が出た、という方も多いと思う。だって「クルマの電動化」は近未来感があってワクワクする。

しかし、未だにEVの航続距離や充電インフラなどに不安を抱き、ガソリン車からEVへの移行に踏み切れない人達は多い。

速川幸速川幸

やっぱEVはまだ時期尚早かな・・・
新型リーフ良さそうだけどな・・・

新型リーフは航続距離400km! それでも不安か?

初代リーフ(30kWh)の航続距離は280kmだった。しかし、これはあくまでカタログ数値。また、実際にはフル充電より「80%充電」の方がする機会としては多いので、実際の一充電走行距離とは違う。

参考に僕が乗っている初代リーフ(30kWh)は、80%充電で「200km」ほど走れる。(エアコンOFF時)

80%充電で200km走れれば、僕のライフスタイルにおいては十分実用的だ。しかし、そうではない人達だっている。

例えば、通勤で片道100km走る場合。1日に必ず充電が必要になるし、電欠の心配も出てくる。確かにそれでは不安だし、EVへの移行は難しい。

しかし新型リーフは、駆動用バッテリー容量を「40kWh」へと大幅に拡大。その結果、フル充電での航続距離が「400km」へと拡大した。

となると、新型リーフを80%充電した場合、実際の一充電走行距離は「285km」ほどだと(単純計算だが)推測できる。これなら上記の例のケースでも対応できるし、遠出できる範囲もかなり増える。

もちろん対応できないケースもあるわけだが、新型リーフの登場によってEVに移行できるユーザーは飛躍的に増えるはずだ。

よって新型リーフの航続距離は、不安要素としては深刻なレベルではなくなった。

充電インフラの現状は? そもそもEVはどこで充電する?

新型リーフを充電する場合、主に以下の施設に設置されている「急速充電器」を利用することになる。

  • 日産販売店
  • コンビニエンスストア
  • 道の駅
  • 高速道路のSA・PA
急速充電器」を表すマーク
▲急速充電器」の目印
速川幸速川幸

ちなみに僕はほとんど日産で急速充電する!

他に「普通充電器」が設置されている施設もあるが、急速充電器に比べて充電に時間がかかりすぎる。宿泊施設など、長時間駐車する場合しか利用する気にならない。

さて問題は、「充電インフラがどこまで整備されているか」だ。

日産の公式サイトによると、全国に設置されている充電器は約28,500基に及ぶ。その内、急速充電器は7,108基だ。

また日産の充電サービス「ZESP2 使いホーダイプラン」を加入すれば、月額2,000円で日産販売店約1,760基+NCS急速充電器3,770基で充電し放題となる。

充電カード
▲ZESP2充電カード

その数を見て感じるように、そう充電に困ることはない。街から離れた山のふもとに住んでいれば話は別だが、少なくとも僕は外出時の充電で困ったことがない。

とはいえ、EVの購入を検討している場合は、自宅付近に「急速充電器」が設置されている施設があるかも調べておいた方がいいだろう。

▼充電スポットの検索サイト

もし新型リーフを買っても、自宅付近に充電施設がなければシャレにならない。

ただその場合、自宅に「普通充電器」を設置することも可能だ。自宅を「充電施設」にしてしまうのだ。

自宅で充電できるようになれば、わざわざ外出して充電しに行く必要がなくなる。電気代がかかるので、僕はもっぱら日産販売店で急速充電だが、いざという時に助かっている。

バッテリーの劣化の心配について

僕は初代リーフ(30kWh)を所有しているわけだが、「航続距離」と「充電インフラ」においてはさほど不満を抱いていない。

しかし、「バッテリーの劣化」だけは不安が拭えない。今は80%充電で200kmほど走れるが、バッテリーの劣化によって100kmしか走れないとなれば実に困る。

日産はバッテリーの寿命について、「初期型に比べると飛躍的に上がった」と述べている。確かに、バッテリー劣化の情報は初期型がほとんどだ。

だからと言って、完全に不安が拭えるわけでもない。僕の場合、初代リーフ(30kWh)を買って半年ほどしか経っていないので何とも言えないところがある。

しかし、「バッテリーとは劣化するものである」という事実は受け止める必要はあるだろう。

まとめ

新型「日産リーフ」の購入、EVへの移行を考えているなら、以下のことを必ずチェックしておこう。

  • 航続距離に対し、1日の走行距離が多過ぎないか?
  • 自宅、または自宅付近に充電スポットがあるか?
  • バッテリーは劣化するものだと、納得できるか?

これらに問題がなければ、新型「日産リーフ」の購入、EVへの移行は決して時期尚早ではないはずだ。