こんにちは、元スイスポ乗りの速川ユーキ (@fastriveryuki) です。

2017年9月12日、ドイツで開催された「フランクフルトモーターショー2017」において、4代目となる新型「スズキ・スイフトスポーツ」が世界初公開となりました。

先代に比べ、ずっとアグレッシブなフロントフェイスとなりましたね。僕はかなり気に入りましたよ。

さて、新型スイフトスポーツの最も大きなトピックは、何と言っても「ターボエンジン」ですよ。いや、1トン切りに及ぶ軽量化でしょうか。それとも・・・

てわけで、新型スイフトスポーツのポイントをまとめてみました。先代(ZC32S)に乗っていたこともあるので、その違いにも触れてみました。

一層走りを期待させる、アグレッシブなデザイン!

出典:http://www.suzuki.co.jp/

先代までチャンピオンイエローは国内限定色でしたが、新型ではイメージカラーとしてグローバルに展開しているためか、国内にはない雰囲気を醸し出すようになった印象です。

アグレッシブなデザインも大いに効いていますね。大開口グリルが実にスポーティだし、リアも欧州車のような印象を受けます。先代に比べ、スイスポの走りのイメージを体現していると思います。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

また前後トレッドの拡大によって3ナンバーのボディサイズとなり、ワイド&ローなフォルムとなってスポーティー度が増しています。直進安定性や旋回性能の向上にも期待でき、先代を超えた走りを予感させますね。

速川ユーキ速川ユーキ

デザインは好みがあるけど
新型のほうがスイスポらしいね!

ターボエンジンが搭載され、動力性能アップ!