こんにちは、元ZC32Sオーナーの速川幸 (@yukiukkiy) です。

やっとこさ新型スイフトスポーツ(ZC33S)に試乗できたのでレポートしたいと思います。

結論から言うと、走りは「先代越え」です!

過去に先代ZC32S型を所有していましたが、新型はかなり進化していると感じました。

ターボ加速は軽快感があって楽しい!

ちょっと元気よく発進加速させようと思い、アクセルを開けてみると・・・

速川幸

うおーッ!
トルクもりもりーッ!!

ギョギョ

先代とは全然違ったフィーリングに驚きました。

それもそのはず、新型では従来のNA1.6リッターから新世代の直噴4気筒1.4リッターターボにアップデートされ、「トルク型エンジン」になっていました。

▼新旧エンジンの比較
旧型ZC32S 新型ZC33S
エンジン型式 M16A K14C
最大出力 136ps(100kW)/6900rpm 140ps(103kW)/5500rpm
最大トルク 16.3kg・m(160N・m)/4400rpm 23.4kg・m(230N・m)/2500~3500rpm
排気量 1586cc 1371cc
内径×行程 78.0mm×83.0mm 73.0mm×81.9mm
圧縮比 11.0 9.9

そうそう、軽さも感じましたねえ!

MTの場合、先代が1040kgなのに対して新型は970kg!

なんと「70kg」も軽くなってるんですねえ!

おまけに排気音がノーマルでもすごくスポーティ!

僕が乗ってるS660(マフラー交換済)より全然良い音でしたw

速川幸

先代より加速が気持ちいいッ!!
楽しい、楽しすぎるッ・・・!!!!

ゾクゾク

パワーはあるし、車重も軽いし、マフラー音も良い。

個人的には先代より、加速時に楽しみのあるクルマと感じました。

あ、コーナーも軽快でしたよ!

操舵に対する反応がよくて、ハンドリング性能はかなり高いです。

こちらも先代より進化しているポイントだと言えます。

軽量ボディーだけど安っぽさはない!

ボディーがあまり軽いと「安っぽい走り」だったりしますが、新型スイフトスポーツではその印象が全くありませんでした。

おそらく新型プラットフォームやテネコ製ダンパーなどの採用によって、上質な乗り心地を実現している印象です。

おまけにMT車でもセーフティパッケージならACC(アダプティブクルーズコントロール)が付いてるので、ロングドライブも快適だと思います。

僕が乗ってるS660(マフラー交換済)より全然良い音でしたw

速川幸

スポーツだけど
ファミリーカーで十分通用するレベルッ!

ドン

ただ、後部座席はちょっと圧迫感はありますね。

速川幸さん(@hayakawa660)がシェアした投稿

小柄な人間ならスペース的に余裕はあるんですが、大柄な人間だと圧迫感をわりと感じるかと思います。

シートポジションが今ひとつしっくり来ない!

速川幸さん(@hayakawa660)がシェアした投稿

「Sport」のロゴが施されたヘッドレスト一体型の専用フロントシートは、スポーツ走行時でもしっかりホールドしてくれそうな良いシートです。

でもシフト位置がちょっと遠いんですよね!

まぁこれは自分が小柄なせいだとは思うんですけど・・・

この印象は先代でもあったので、当時はフルバケに交換しましたね。

交換したら走りが一層楽しくなったと記憶してます。

AT車だったら気にならないポイントかもしれませんが、MT車ならフルバケに交換して走りを楽しみたいところです。

まとめ

手頃なホットハッチを求めるなら、新型スイフトスポーツは「買い」ですね!

先代が172万8,000円〜で新型が183万6,000円〜、進化度を考えると200万円を切ってるのは奇跡的ですよ。

加速性能も相当ですよ。NDロードスター1.5よりは速いと思います。

しかもターボ車なので、これからチューニングメーカーがタービンキットを続々発売してくるでしょう。

カスタム・チューニングする楽しみも、新型スイフトスポーツはすごく秘めています。

いや〜、スズキは素晴らしいクルマ作るな〜!

おわり