クルマ好きの速川幸 (@yukiukkiy) です。

SUV、めっちゃ人気で売れてるそうですよ〜!

スタイリッシュでかっこよかったり、荷物がいっぱい積めてアウトドアに最適だったり、オンロードも走りやすかったり、魅力が盛りだくさんなので当然かもしれませんね。

しかし、その人気の強さゆえに様々な特徴を持ったSUVが次々と増え、自分にとってどのSUVが合っているのかイマイチわかりにくいのも事実。

そこで人気や注目度の高いミドルサイズクロスオーバーSUVのおすすめをランキング形式でご紹介します!

▼コンパクトSUVはこちら
コンパクトクロスオーバーSUV人気おすすめランキング【2018年版】

速川幸速川幸

ちなみにランキングは販売台数ではなく、僕がおすすめしたい車種のランキングです!
ふざけんな!って方はブラウザバックをw

【第7位】ホンダ・CR-V

ホンダ・CR-V

出典:https://automobiles.honda.com/

CR-Vは2016年8月をもって国内販売を終了していましたが、2018年夏頃に国内販売が再開されます。

パワートレーンはオデッセイやステップワゴンにも採用されている2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」と、1.5Lターボが用意される模様。

モーター走行がメインとなるi-MMDは、加速性能や燃費性能にアドバンテージがあるので期待が高まります。

ターボ車には3列シート仕様も設定されるようですし、注目しておきたいミドルクラスSUVと言えるでしょう!

速川幸

しかし詳細がまだ明らかじゃないので最下位ですw
詳細がわかり次第、ランキングは変動させるかも!

▼主要諸元
全長×全幅×全高 4590×1855×1680mm(海外仕様)
ホイールベース
車両重量
駆動方式 4WD
エンジン 2.0Lハイブリッド/1.5Lターボ
トランスミッション
最高出力
最大トルク
JC08モード燃費
タイヤサイズ(前)
タイヤサイズ(後)
価格

[現行型発表] 2016年10月

【第6位】スズキ・SX4 S-CROSS

スズキ・SX4 S-CROSS

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキには本格的SUV要素が強めなエスクードもありますが、SX4 S-CROSSは乗用車により近いクロスオーバーという位置付け。ボディサイズも少し大きかったり。

SX4 S-CROSSの大きな特徴は、インパクトが大きいフロントマスク。Sマークを隠すと、なんだかスズキ車には見えなくなりますね。

パワートレーンは1.6L自然吸気エンジンのみのモノグレードで、駆動方式はFFと4WDが選べます。

2017年6月のマイナーチェンジで大きなテコ入れが行われており、トランスミッションをCVTからトルコンATに変更。よってダイレクト感あふれる走りが可能となっています。

さらに4WDには新世代四輪制御システム「ALLGRIP」が備えられ、優れた走破性と走行安定性を発揮。SUVとしての実力も高そうです。

残念な点は、自動ブレーキや追従式クルーズコントロールなど安全運転支援機能がないこと。ただし、その分価格がグッと抑えられています。

速川幸

モノグレードなので選べるのはカラーくらいだけど、4WDおすすめ!
高い走破性に反して、安い価格が魅力!

▼主要諸元 ベースグレード
全長×全幅×全高 4300×1785×1595mm
ホイールベース 2600mm
車両重量 1220kg
駆動方式 4WD
エンジン 1.6L直列4気筒DOHC16バルブ
トランスミッション 6AT
最高出力 117ps(86kW)/6000rpm
最大トルク 15.4kg・m(151N・m)/4400rpm
JC08モード燃費 15.2km
タイヤサイズ(前) 215/55R17 94V
タイヤサイズ(後) 215/55R17 94V
価格 227万8800円

[現行型発表] 2015年2月(一部改良 2017年6月)

【第5位】トヨタ・ハリアー

トヨタ・ハリアー

出典:https://toyota.jp/

当記事で紹介するミドルサイズクロスオーバーSUVの中で、最も高級ラグジュアリーテイストが強いのがハリアーです。

また、販売台数(2017年)が最も多いのもハリアー。顧客ニーズの多様化に対応した豊富なモデルラインアップにより、高い人気を獲得しています。

エンジンはガソリン、ハイブリッド、そして2017年6月のマイナーチェンジで追加された2Lターボから選べます。

その中でも2Lターボは最高出力231psを発揮する最高スペックモデルですが、タイヤは快適重視なので攻めるクルマではありません。

速川幸

おすすめは PREMIUM “Metal and Leather Package” のターボモデル!
ターボの圧倒的な動力性能、そして高級ラグジュアリーに相応しい内装が魅力的!

▼主要諸元 – PREMIUM “Metal and Leather Package”
全長×全幅×全高 4725×1835×1690mm
ホイールベース 2660mm
車両重量 1710kg
駆動方式 4WD
エンジン 2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション 6AT
最高出力 231ps(170kW)/5200~5600rpm
最大トルク 35.7kgm(350Nm)/1650~4000rpm
JC08モード燃費 12.8km/L
タイヤサイズ(前) 235/55R18
タイヤサイズ(後) 235/55R18
価格 404万4600円

[現行型発表] 2013年12月(マイナーチェンジ 2017年6月)

【第4位】日産・エクストレイル

日産・エクストレイル

出典:http://www.nissan.co.jp/

エクストレイルの魅力は、2017年6月のビッグマイナーチェンジで設定された信頼性の高い運転支援システム「プロパイロット」です。

高速道路ではアクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動制御するので、長距離での疲労が大幅に軽減されます。

僕はセレナとリーフのプロパイロットを体験済みですが、先行車を察知してから早い段階で注意喚起してくれたり、ブレーキをかけてくれたり、不安になる場面が少なかったです。

ガソリン車とハイブリッド車がありますが、おすすめは前者。ガソリン車では3列仕様があったり、2列仕様でもハイブリッド車に比べ後席機能が充実していてレジャー用途では最適です。

速川幸

おすすめは 20X!
当然プロパイロットをオプション装着だ!

▼主要諸元 – 20X(2列シート)
全長×全幅×全高 4690×1820×1740mm
ホイールベース 2705mm
車両重量 1540kg
駆動方式 4WD
エンジン 2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション CVT
最高出力 147ps(108kW)/6000rpm
最大トルク 21.1kgm(207Nm)/4400rpm
JC08モード燃費 15.6km/L
タイヤサイズ(前) 225/60R18
タイヤサイズ(後) 225/60R18
価格 275万5080円

[現行型発表] 2013年12月(マイナーチェンジ 2017年6月)

【第3位】スバル・フォレスター

スバル・フォレスター

出典:https://www.subaru.jp/

2018年にモデルチェンジされる噂があるフォレスターですが、優れた先進安全技術「アイサイトVer.3」を搭載している現行型も魅力は十分にあります。

フォレスターは、スバルのクルマづくりの基本となる「シンメトリカルAWD」や「水平対向エンジン」によって実現された良質な走りにアドバンテージがあります。

NAとターボがありますが、後者をおすすめ。動力性能に優れるだけじゃなく、「アクティブ・トルク・ベクタリング」が装備されて旋回性能にも優れています。

唯一のネックはCVTのレスポンスがあまり良くないことでしょうか。

速川幸

おすすめは・・・新型を待つべし!
アイサイトVer.4に進化するかもしれないし、新世代プラットフォーム (SGP) を採用するのは間違いないしね!

▼主要諸元 – 2.0XT EyeSight
グレード 2.0XT アイサイト
全長×全幅×全高 4595×1795×1715mm
ホイールベース 2640mm
車両重量 1610kg
駆動方式 4WD
エンジン 2リッター水平対向4気筒 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション CVT
最高出力 280ps(206kW)/5700rpm
最大トルク 35.7kgm(350Nm)/2000~5600rpm
JC08モード燃費 13.2km/L
タイヤサイズ(前) 225/55R18
タイヤサイズ(後) 225/55R18
価格 312万8760円

[現行型発表] 2012年11月 (モデルチェンジ間近!?)

【第2位】マツダ・CX-5

マツダ・CX-5

出典:http://www.mazda.co.jp/

CX-5はガソリンNAとディーゼルターボの設定がありますが、魅力的なのはビッグトルクを発揮できるディーゼルターボの方です。

最大トルクはなんと420Nm、4000ccクラスのガソリン車に匹敵する数値です。おまけに低回転からトルクが発生するので、加速は実にパワフル。

ディーゼルターボの走りに目を奪われがちですが、ガソリン車を含め全モデルに共通する高い操縦安定性も見逃せません。

G-ベクタリングコントロールという技術によって、ステアリング操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させ、四輪の接地荷重を最適化することで応答性と安定性が高められています。

要は車体の挙動をスムーズにすることで、あらゆる走行シーンで「酔いにくい」ということです。同乗者にも優しいSUV、それがCX-5のさらなる魅力です。

速川幸

おすすめは XD PROACTIVE!
ディーゼルターボの動力性能は魅力だし、燃料コストが低いのはやっぱ良いよ!

▼主要諸元 – XD PROACTIVE
全長×全幅×全高 4545×1840×1690mm
ホイールベース 2700mm
車両重量 1680kg
駆動方式 4WD
エンジン 2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ
トランスミッション 6AT
最高出力 175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク 42.8kgm(420Nm)/2000rpm
JC08モード燃費 17.2km/L
タイヤサイズ(前) 225/55R19 99V
タイヤサイズ(後) 225/55R19 99V
価格 322万9200円

[現行型発表] 2017年2月 (安全装備標準化 2017年8月)

【第1位】三菱・アウトランダーPHEV

三菱・アウトランダーPHEV

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEVはメディアでも評価が高いですが、本当にすごく良いクルマです。僕がミドルクラスSUVを買うなら、このクルマになると思います。

2017年2月の一部改良によってEV走行できる距離が延び、モーター駆動ならではの気持ちいい加速感をより味わえるようになったのは大きなポイントでしょう。

またスムーズで静かに走るので快適性が高く、シャシー性能も高いため乗り心地も良いです。乗り心地はなんと欧州プレミアムカーと肩を並べるレベルなんだとか。

おまけに滑りやすい路面でのコントロール姓を高める「S-AWC」が備わっているので、走破性にも優れています。

速川幸

おすすめは G Navi Package!
先進安全装備やナビが備わってるよ!

▼主要諸元 – G Navi Package
全長×全幅×全高 4695×1800×1710mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1860kg
駆動方式 4WD
エンジン 2.0L直4 DOHC 16バルブ
最高出力 118ps(87kW)/4500rpm
最大トルク 19.0kgm(186Nm)/4500rpm
モーター最高出力 (前/後) 82ps(60kW)/82ps(60kW)
モーター最大トルク (前/後) 14.0kgm(137Nm)/19.9kgm(195Nm)
JC08モード燃費 19.2km/L
タイヤサイズ(前) 225/55R18 98H
タイヤサイズ(後) 225/55R18 98H
価格 432万4860円

[現行型発表] 2013年1月 (一部改良 2017年2月)

まとめ

第1位は三菱・アウトランダーPHEVでした!

ライバル車に比べ値が張るのですが、その価格差以上にクルマの個性とその魅力が大きいと僕は感じました。

以上、僕がおすすめしたいミドルクラスクロスオーバーSUVランキングでした。

まだ国内発売されていなかったり、モデルチェンジが近いクルマがあったりしたので、随時追記させていただきましてランキングも調整するかと思います。

おわり