Honda S660 Review

ホンダ伝統のSを冠するスポーツカー「ホンダ・S660」が納車されてから2年が経ちました。

結論から言うと、最高です。S660で楽しいカーライフを満喫してます。買って後悔はないです。

でも多少気になることはあったので、これからS660を買おうか迷ってる方が参考になるように感想を書きたいと思います。

YouTubeでも感想を喋ってますので、そちらも視聴いただければ嬉しいです。初喋りなので聞きにくいとは思いますが・・・

あと最後に、S660で今後やりたいことを書きたいと思います。

S660の仕様

速川のS660

僕のS660ですが、グレードはα、トランスミッションは6MTになります。

ぱっと見、外観はノーマルです。主なカスタマイズはマフラー、車高調、ホイールくらいなんでね。

S660のエンジン

エンジンは吸排気系をちょっと弄ってあるくらい。あとタワーバー付けてる。もっと弄りたいけどね、お金ない。

S660のインテリア

インターナビ無し仕様です。ナビはいつもスマホ。Pumpkinの車載ホルダーを使ってますが、マグネットだから脱着が簡単でおすすめです。

S660の良い点

感想ですが、良い点と悪い点にわけて書きたいと思います。まず良い点です。僕がS660を買った理由でもあり、今も満足している点になります。

軽自動車であること

S660は軽自動車だから車体がコンパクト

軽自動車は車体がコンパクトかつ軽量です。前後オーバーハングが短いので車両感覚をつかみやすく、クルマとの一体感を感じやすいポイントの一つになっています。

また、軽自動車だからランニングコストが安い。自動車税が年間10800円で済むし、保険料も普通車に比べれば安い。燃費も良く、リッター18kmは走ります。

ただ660ccなのでパワーはなく、サーキット走ったり峠攻めたりするなら不満を感じると思います。

でも一般道ではさほどパワー不足は感じず、むしろパワーない分思いっきりアクセルを踏んでいけるので、スポーツカーとして存分に楽しめます。

軽自動車だからいろんな意味で気負うことなく気軽に乗れる、それがS660の大きな魅力になっています。

ミッドシップであること

86やロードスターも購入候補でしたが、FRには乗ってたことがあって「またFRかぁ〜」と考えたらMRのS660は興味深かったです。

そして3車を試乗し乗り比べたわけですが、当時自分にとってはS660が最もワクワクするクルマに感じました。

重たいエンジンがフロントにないので重心が軽く、回頭性の良さが際立って感じました。今もその回頭性の良さが病みつきになっています。

ヨコハマタイヤ「ADVAN NEOVA AD08R」標準装着ということもあり、ステアリングを切って旋回が始まる瞬間の「ズバッ」という感覚ですか、あれ最高。

かといって、キレッキレというわけでもなし。剛性が高いためか安定感あるし、やはりタイヤのグリップ性能が高いのですっ飛んでいくような危機感もなしです。

エンジン音、さらにブローオフバルブ音がシート後方から聴こえるのもワクワクしますね。もはやBGMです。ミッドシップ最高です。

軽快感が気持ちいいこと

軽快感を感じられるのは、86やロードスターも同じ。でも種類が違うと言えばいいのか、S660の軽快感はなんか独創的。

先に述べた軽自動車でありミッドシップである点も関係してると思いますが、コーナー入口だけでなくコーナー出口でアクセルオンするときの反応が最高です。

MRはエンジンが重心に近いから旋回性能の高さゆえ、車体の向きが変わりやすく、コーナー出口でアクセルオンするときはちょっと気を使います。

しかし上手くアクセルオンできたときは、気持ちよくトラクションがかかってコーナーを抜けていきます。まるで身軽なチーターが力強く地面を蹴り出し加速していくようです。

といっても挙動はピーキーではないです。アジャイルハンドリングアシストがあるから、MRの尖った部分っていうのは良くも悪くも丸くなってるのかも。これが運転へたっぴな自分にハマってる気がする。

マニュアルの設定があること

高性能スポーツカーにはDCTが採用されることもあるけど(GT-RとかランエボXとか好きよ)、「クルマを操る楽しさを一層感じられるのはMTだ」という声も。だからCVTではなく、MTを選びました。はい、大正解でした。

ATとは違い、MTはクラッチ操作を自分でやる必要があります。左手と左足も使ってね。渋滞時は面倒と感じることもあるけど、自分で機械を操っているという充実感はそれに勝ります。

おまけにS660は軽自動車にして6速。高速巡航時はエンジン回転数を抑えることができ、静粛性と燃費が良くなります。

シフトフィーリングも軽とは思えぬほど上質です。コクッコクッと節度感があって、おまけにショートストロークで操作性が良いです。

無限クイックシフターを装着していますが、一層シフト操作が楽しくなりましたね。もう無駄にシフト操作してる始末。だから上達しない。

デザインが個性的なこと

スポーツカーは見た目もすごく大事だけど、S660は良い。小さなボディが可愛いけど、シャープなボディラインはまるでスーパーカーみたい。

軽自動車でこのクオリティはすごい。伸びやかで低重心に見せるデザインセンス、デザイナーやばい。

特にリアエンジンフードが盛り上がってるのがお気に入り。FRやFFにはない、MR(ミッドシップ)の個性ですよね。

・・・あかん、女性のお尻に見えてきた。とにかく見た目に関してはとても満足してます。

オープンカーであること

正直オープンカーである点は、S660を購入する際に重要視したポイントではなかったです。

でもいざオープンで走ると、クルマの楽しみ方の幅が広がりますね。S660を買ってよかったと思いました。

S660の軽快な走りに加えてブレンドされるオープンの爽快感、これがとにかくたまらないのです。

仕事でイライラしたり嫁と喧嘩したりして、クルマで気分転換したい時はS660は最高の相棒です。

S660の悪い点

オープンにするのが面倒なところ

オープンカーなのは良いけど、ソフトトップの取り外しは面倒で悪いです。特に取り外したソフトトップをフロントボンネット内のユーティリティボックスに収納するところ。これのせいで1分くらいかかっちゃいます。

つまり、ドライバーが車外に出なくてはならないんですよ。S660は低い車体だから乗り降りしにくいし、できれば車内に居たままオープンにしたいものです。

なので僕は車内でソフトトップを取り外したら、そのまま助手席に置いてしまいます。これなら30秒もかからずオープンにすることができます。まぁこれでも面倒ですが。

でもS660はスポーツカーとして買ったので、あまり気になってはないです。いっそスポーツカーとして走りに磨きをかけるため、ハードトップ導入も良いかなと。それによって剛性アップが期待できます。

S660用ハードトップはいろんなメーカーから販売されてますが、高価だけど無限が良いですね。品質が良く、満足度の高い商品だと思います。

収納スペースがなさすぎるところ

S660のユーティリティボックス

S660は走りを重視しているため実用性が低く、普通のクルマにあるトランクが設けられていません。

フロントボンネット内にユーティリティボックスがありますが、容量がとにかく小さいです。だから持ってた旅行カバンを入れられませんでした。

おまけにラジエターの熱でこもるので、家電や生鮮食品も入れられません。カメラやお土産が入れられないから、S660でまともに旅行できたことがないです。

じゃあ何なら入るの? って考えるのも面倒なので、もはやユーティリティボックスは使ってません。外したソフトトップを含め、荷物は全て助手席に置いてしまいます。

まぁ助手席に人間を乗ることがあまりないので、そんな困ってはないです。でも助手席に人間を乗せることが頻繁にあるなら、S660はおすすめでできないですね。

エンジンフードスリットから雨水が浸水するところ

S660のエンジンフードのスリット

エンジンフードには排熱のため施されたスリットがあり、そこからチラリと見える「HONDA」ロゴがかっこよかったり。

でも雨が降った場合、そこから雨水が浸水してくるのが気になります。

まぁエンジンカバーあるし、浸水したからといってエンジンが壊れるわけじゃないでしょう。でもサビとか発生しやすくなると思うんですよね。

そう思って「マグネットシート」でスリットの隙間を塞ぎ、雨水の侵入を防ぐ対策をしています。マグネットで吸着するので、台風を除き吹き飛ぶこともなかったです。

エンジンがスポーツカーではないところ

レブリミット7800rpmだけど、5000rpm過ぎたあたりで頭打ち感のあるエンジン特性がちょっと不満です。

この点は街乗りでは気にならないですが、ワインディング走行では気になりますね。

資金に余裕が出てくればHKSのタービンキット「GT100R パッケージ」を導入するのですが、用途がほぼ街乗りなんでね。まぁいっか、って感じです。

しかしチューニングでいくらでも改善できるんでね、大きな不満ではないです。

まとめ

どうですか? S660の良い点と悪い点、参考になったでしょうか?

もしこれからS660を買おうか迷ってる方は、上記で述べた悪い点を飲み込めれば素敵なカーライフが送れるでしょう。

だってS660は普通のクルマでは絶対味わえない魅力をたくさん持っています。僕はその魅力にどハマりしているから、通勤するだけでもワクワクします。

S660最高!!

S660で今後やりたいこと

これまでずっとYouTubeでPOV Driveの動画を見るのにハマってまして、いつしか自分で動画を公開したいと思うようになりました。

そして初めて公開したのが、冒頭でも載せている動画です。

もともと喋るの苦手だから・・・まぁ何でもチャレンジです。

今後もS660のPOV DriveをYouTubeにアップし、クルマの楽しみ方の幅を広げていきたいと思っています。

よければチャンネル登録をお願いします!

それでは。