雪道に強い日産リーフ

こんにちは、リーフ乗りの速川ユーキ (@fastriveryuki) です。

初代リーフの最終モデルを買って1年になりますが、冬場はやはり充電できる電力量や航続距離が落ちますね。

しかし、リーフの氷上雪上性能は思った以上に優れています。なので今冬の度重なる寒波による雪道やアイスバーンでも安心して運転できました。

速川ユーキ速川

今冬の大寒波を乗り越えられたのはリーフのおかげ・・・
4WDなど要らぬ!!

ドン

いや〜、流石に4WDには負けますが、リーフは間違いなく雪道に強いでしょう。FFでは最強ではないでしょうか。

リーフは雪道でも“空転”が起こらない

リーフで雪道を運転して最も驚かされるのは、ガソリン車よりタイヤの空転が起こらないことです。

クルマはタイヤが空転するとトラクションコントロールが働き、出力を抑えます。すると空転も抑えられ、再びアクセル操作を可能にします。

こういった制御の働き方はクルマによって良し悪しがあるのですが、リーフの場合は「良し」とハッキリ言えますね。

ガソリン車の場合、「あ、アクセルを少し開けすぎたかな!?」と思った時点で空転が起きてしまうことがあります。そう思った時点でエンジンが回りすぎていて、制御できていないわけです。

しかしリーフの場合、「あ、アクセルを少し開けすぎたかな!?」くらいでは空転が起きません。制御が即座に働き、モーターが回りすぎることがないのです。

VDCが優秀ということもありますが、これはモーター特性の要因が大きいです。モーターはエンジンよりも、制御信号が出て制御が始まるまでの時間が短いのです。

日産公式でも「モーターは出力をきめ細かく制御することができる」と明記していますが、全くその通りですね。

そもそもリーフは、「アクセル開度の調整幅がすごく広い」と感じていました。ガソリン車が10段階なら、日産リーフは20段階といったイメージです。

つまりそれこそ、モーターは出力をきめ細かく制御することができる証明だったわけです。トラクションコントロールが良く働くのも納得です。

速川ユーキ速川

走破性は4WDに劣る・・・
しかしリーフの制御はピカイチ!!

ドン

リーフは雪道でも“安心感”を感じられる

e-ペダル搭載の2代目リーフは「雪道に強い」と絶賛されていますが、初代リーフもそれは変わりません。結局“EVそのもの”が雪道に強いのです。

リーフが雪道に強い理由として、モーターは出力をきめ細かく制御することができると前述しましたが、他にも「低重心かつ理想的な前後重量バランスを持つ」ことが挙げられます。

▼前後重量配分の比較データ
リーフ => 57:43
ノート e-POWER => 65:35
ティーダ => 62:38

なのでリーフは運動性能が極めて高く、リニアなハンドリング特性を持っています。オーバーステアでもアンダーステアでもなく、ハンドルを切った分だけ素直に曲がる感じです。

雪上氷上においてもその特性は活かされているので、路面状況が悪くても安心してハンドル操作が行えます。

また滑り出したといても、バランスの良さによってハンドル修正は楽に行えます。もちろんカウンターステアを当て過ぎないように注意は必要ですが。

「e-ペダル」があれば雪道は怖くない

リーフは2代目より「e-ペダル」が搭載され、これが雪道に強いと評判です。初代に乗っている者としては羨ましい限り・・・

e-ペダルは、アクセルを戻したときに強い回生ブレーキを発生させ、ブレーキペダルを踏まずとも減速〜停止まで行えるのが特徴です。

つまりアクセル操作だけで加減速と停止が行える「ワンペダル走行」が可能なのですが、これが雪道やアイスバーンのような悪路を走るのに便利です。

ワンペダル走行はペダルの踏み替えがない分クルマの“空走状態”をなくせるので、常に安定した走行状態を維持できます。

これは低重心で優れた運動性能を持つリーフだからこそ実現できたことでしょう。もし重心が高く運動性能が悪ければ、アクセルを戻した途端に強い減速Gによってバランスが崩れるかもしれません。

さらにe-ペダルでは、アクセルを戻すと路面状況に応じてモーターが適切な回生による減速を行うようです。さらに停止まで行う場合でも、回生ブレーキに加えて機械式ブレーキが加勢します。

しかしリーフのe-pedalによるワンペダルドライビングでは、アクセルから足を離すと、路面状況に応じてまずモーターが適切な回生による減速を行なってくれる。さらに停止まで持っていく場合でも、モーター回生に機械的なブレーキの減速がうまくブレンドされる。このきめ細やかな減速は人間の足では実現できないものだ。

だからリーフで氷上雪上を走る際には、e-pedalをオンにしておけば、アクセルから足を離すだけで最適なブレーキ制御をしてくれて、足でブレーキペダルをきめ細やかに踏むような微妙な操作からも解放されるわけだ。減速したいときはただアクセルから足を離すだけ。これは想像以上に氷上雪上試乗でラクだし、他の操作に集中できる要素でもある。

引用:日産リーフ、驚愕の氷上雪上性能。(河口まなぶ) – 個人 – Yahoo!ニュース

速川ユーキ速川

下手な4WDより雪道に強いかも・・・
2代目いいな〜!!

 

以上、日産リーフが雪道に強い理由についてでした。

おわり