ホンダ・S660専用 BBS RP

スポーツカーは走りも見た目も大事ですが、ホイールは走りにも見た目にも大きく影響してきます。

S660の純正ホイールはかっこいいです。でもより一層かっこいいホイールを装着したいと考えているなら、ホイール交換をおすすめします。

社外ホイールはかっこいいだけでなく、高剛性だったり軽量だったりするので性能アップにも期待できますよ。

今回はかっこよくて性能アップにも期待できるS660用の社外ホイールを紹介します。自分好みのホイールが見つかることを願います。

純正ホイール

S660 純正ホイール

出典:PHOTO│GATE660│S660│Honda

社外ホイールを紹介する前に、純正ホイールにも触れておきましょうか。

純正ホイールは「かっこいい」と印象を抱くドライバーも多いですが、なかには「くどい」と印象を抱くドライバーも少なくありません。

まあ見た目の話は置いといて、純正ホイールというのは多くは重量が重めです。S660も例外ではありません。

でも重量が軽い社外ホイールに交換すれば、バネ下重量を軽くすることができます。

バネ下重量を軽くするメリットは、運動性能アップが挙げられるでしょう。出足が軽くなったり制動距離が短くなったりします。またダンパーの負担を減らすことができ、サスペンションがいい仕事をするようになります。

バネ下重量1kgの軽量化は、バネ上重量10kgの軽量化に相当すると言われています。場合によってはカーボンボンネットに交換するよりも、運動性能アップは期待できるでしょう。

あと燃費性能アップにも繋がります。長靴よりもスニーカーの方が疲れにくいですよね。その理屈です。

▼純正ホイールのスペック
サイズ フロント 15×5.0J IS45mm PCD100mm
リア 16×6.5J IS50mm PCD100mm
重量 フロント 約6.4kg
リア 約7.5kg
タイヤサイズ フロント 165/55R15
リア 195/45R16

Moduro MR-R01

Moduro MR-R01出典:Honda|Honda Access|S660 | 開発に込めた想い | PHOTO GALLERY

Moduro(モデューロ)はホンダアクセス社が展開するホンダ純正アクセサリーブランド。つまりMR-R01は、純正オプション扱いのアルミホイールです。

デザインは2015年のSUPER GT GT500クラスに参戦した「ドラゴ・モデューロ NSX CONCEPT-GT」と共通です。個人的に一番かっこいいと感じます。

開発にはドリキンこと土屋圭市さんがアドバイザーとして関わっていることもあり、剛性バランスは最適にセッティングされています。

フロント用とリア用があるので購入の際はご注意ください。またカラーには「プラウドシルバー」と「ステルスブラック」があります。個人的には後者が好みです。かっこよすぎます。

▼Moduro MR-R01のスペック
サイズ フロント 15×5.0J IS45mm PCD100mm
リア 16×6.5J IS50mm PCD100mm
重量 フロント 約5.7kg(純正比-0.7kg)
リア 約6.4kg(純正比-1.1kg)
タイヤサイズ フロント 165/55R15
リア 195/45R16
カラー ステルスブラック/プラウドシルバー

MUGEN MD8

MUGEN MD8出典:無限 | S660 | PARTS | HANDLING & BRAKING

無限はホンダ車用のアフターパーツでは有名ですね。ちなみに会社名はM-TEC(エムテック)です。

MUGEN MD8は、切削面とダークガンメタリック塗装の2トーン仕様とした8スポークのデザイン、また純正よりフロントのリム幅が広いのが特徴です。

よって見た目のインパクトが強いホイールと言えますが、専用ホイールナットが別売りなのでご注意ください。

▼MUGEN MD8のスペック
サイズ フロント 15×5.5J IS45mm
リア 16×6.5J IS50mm
重量 フロント 約5.3kg(純正比-1.1kg)
リア 約6.4kg(純正比-1.1kg)
推奨タイヤサイズ フロント 165/55R15
リア 195/45R16
カラー ダークガンメタリック

BBS RP

BBS RP

BBSといえば軽くて頑丈な鍛造ホイールのトップブランド。ル・マン用のレーシングホイールを元にしたメッシュデザインのLMには憧れるドライバーも多いでしょう。まあS660にそのラインアップはないけどw

さてBBS RPですが、鍛造なので軽いです。1本あたり-1.6kgの軽量化ができ、理屈ではバネ上重量-64kgもの軽量化になります。やばいですねw

軽さもそうですが、強靭な剛性と強度を併せ持っている点も逃せません。BBSの鍛造技術は独自のもので、職人が丹念に造っているそうですね。

また飽きのこないクロススポークデザインは好印象だし、S660専用サイズがラインアップされているのでフィッティングには安心できます。

▼BBS RPのスペック
サイズ フロント 15×5.0J IS45 4H/100 PFS
リア 16×6.5J IS48 4H/100 PFS
重量 フロント 約4.8kg(純正比-1.6kg)
リア 約5.9kg(純正比-1.6kg)
推奨タイヤサイズ フロント 165/55R15
リア 195/45R16
カラー ゴールド/ダイヤモンドシルバー/ダイヤモンドブラック

RAYS VOLK RACING TE37 KCR

RAYS VOLK RACING TE37 KCR

出典:RAYS – VOLK RACING TE37 KCR

RAYSは、メイドインジャパンの鍛造ホイールメーカーです。鋳造ホイールも造ってますが、主力は鍛造ホイールブランド『RAYS VOLK RACING』です。

S660は軽自動車といえど本物のスポーツカーです。本物のスポーツカーには本物の鍛造ホイールを履かせたいですね。そんなリクエストに応えるのが『VOLK RACING TE37 KCR』です。

軽さだけでいえば、BBS RPより断然軽いです。デザイン性も含めてこれ以上ないくらいレーシーな鍛造ホイールと言えるでしょう。

ただ鍛造なので、鋳造に比べて高価です。その分満足度も高いでしょうけど。

▼RAYS VOLK RACING TE37 KCRのスペック
サイズ フロント 15×5.0J IS45mm PCD100mm
リア 16×6.5J IS47mm PCD100mm
重量 フロント 約3.6kg(純正比-2.8kg)
リア 約5kg(純正比-2.5kg)
カラー ブラック/FDMCリム/ガンメタ/ダークガンメタ/ゴールド/ブラック/ダイヤモンドブラック/ダッシュホワイト/マグブルー/レッド/ハイパーブルー/ハイパーレッド/ハイパーグリーン

WedsSport SA-10R

WedsSport SA-10R

出典:WedsSport – SA-10R

ウェッズは、デザイン性の高い鋳造ホイールを造る技術が高いメーカーです。鋳造ですが、軽量化に強く力を入れているのも特徴の一つです。

鍛造ホイールはデザインに自由度がない欠点が挙げられますが、ウェッズの鋳造ホイールはデザイン性の高さが見てわかると思います。

おまけに鋳造なので鍛造に比べて安いです。なのでコストパフォーマンスという点ではトップクラスと言えるホイールと言えるでしょう。

▼WedsSport SA-10Rのスペック
サイズ フロント 15×5.0J IS45mm PCD100mm
リア 16×6.5J IS48mm PCD100mm
重量 フロント 約5.16kg(純正比-1.24kg)
リア 約6.25kg(純正比-1.25kg)
カラー ZBB/BLC

まとめ

S660用ホイールはいかがだったでしょうか?

どれも特徴がバラバラなので迷いますが、自分が理想とするS660に一番しっくりくるホイールを選ぶのが一番だと思います。

ちなみに僕はBBS RPを選びました。とても満足しています。見た瞬間「BBSだ!」とわかるブランド力に惹かれてますw

それでは、楽しいS660ライフを!