(*2016年4月11日に公開された記事を再編集したものです)

2シーターオープンスポーツカーであるホンダ・S660に乗っているのですが、純正マフラーのエキゾーストサウンドに物足りなさを感じます。

そこで思い切って社外スポーツマフラーを購入したのですが、期待通り迫力あるエキゾーストサウンドに変わりました!

でも・・・

妻

このクルマ・・・
うるさくなってね!?

ハヤカワ速川

い、いや〜・・・
・・・やっぱバレます?w

妻

てめェ・・・
オラァッ!!

やはりマフラー交換によって排気音は大きくなるので、場合によって周囲の目は冷たくなりますね。

でも僕は後悔してません。なぜならマフラー交換によって排気音だけでなく、スポーツカーを運転する喜びも大きくなったからです。

この喜びをシェアしたいので、現在(2018/6/4時点)各アフターパーツメーカーからラインアップされている社外スポーツマフラーをまとめて紹介します。

きっと自分に合ったスポーツマフラーが見つかるはずなので、より一層スポーツカーを運転する喜びを大きくしてください。

MUGEN(無限)

ホンダ車のアフターパーツ製造販売メーカー。ホンダの純正オプションパーツと思われがちですが、M-TECという別会社がパーツ開発を行なっています。

別会社ですがホンダからその品質を認められており、無限の製品クオリティは純正並みです。ただし少し値が張る印象です。

スポーツサイレンサー (ステンレスフィニッシャータイプ)

スポーツサイレンサー - ステンレスフィニッシャータイプ

出典:http://www.mugen-power.com/

オールステンレス製のマフラー。高い排気効率と消音性能を両立。保安基準適合の交換用マフラー事前認証制度認定品。車検もスルーパスです。

純正フィニッシャーもスタイリッシュかと思いますが、デュアルタイプフィニッシャーにすることでスポーツ性が増します。

また純正に比べ、大き過ぎず小さ過ぎない低音が響くようになります。なので住宅密集地でも気兼ねなく使えるマフラーかと思います。

スポーツサイレンサー (カーボンフィニッシャータイプ)

スポーツサイレンサー - カーボンフィニッシャータイプ

出典:http://www.mugen-power.com/

フィニッシャーはカーボン製、その他はステンレス製のマフラーです。高い排気効率と消音性能の両立と保安基準適合の交換用マフラー事前認証制度認定品なのは上記と同じ。

カーボン製フィニッシャーに交換することで、さらなる個性を追求できます。カーボン好きな方には満足度の高いマフラーですね。

スポーツサイレンサー (チタンフィニッシャータイプ)

スポーツサイレンサー - チタンフィニッシャータイプ

出典:http://www.mugen-power.com/

フィニッシャーはチタン製、その他はステンレス製のマフラーです。高い排気効率と消音性能の両立と、保安基準適合の交換用マフラー事前認証制度認定品なのは上記と同じ。

チタン製フィニッシャーに交換することでプレミアム感を演出できます。チタン製好きな方には満足度の高いマフラーです。

HKS(エッチ・ケー・エス)

HKSは1973年創立の老舗チューニングメーカー。ターボチャージャーなどの過給機、マフラー、チューニングCPUなど、エンジン関係のパーツを得意としています。

S660においてもスポーツマフラーやフラッシュエディター、他にも100馬力タービンキットを販売しています。

LEGAMAX Premium

主要素材は高品質のステンレス材SUS304を使用し、美観と耐久性を追求。テール外形は80Φの真円二重管のデュアルタイプです。

フィニッシャーデザインは上品で落ち着いた印象ですが、マフラーサウンドはその気にさせてくれます。

かといってアイドリング時は純正とさほど変わらないので、ご近所さまへの配慮もバッチリです。

LEGAMAX Sports

主要素材は高品質のステンレス材SUS304を使用し、美観と耐久性を追求。テール外形は75Φの真円二重管のデュアルタイプです。

ブルーグラデーションの焼き色が特徴のチタンテールは、リアビューをさらにスポーティーな印象へと変えてくれます。

アクセルを踏み込んだ時の乾いた低音は、街乗りで大いに楽しめます。またパイプ径を太くすることでハードチューンまで対応しており、シェル内もストレート構造で抜けの良いマフラーです。

ちなみに僕はこのマフラーに交換しています。ビジュアル良し性能良しなのでおすすめです。

Hi-Power SPEC-L

純正比25%減(-1.5kg)の軽量化を実現した性能重視のスポーツマフラーです。

LEGAMAX Sports同様テール外形は75Φの真円二重管のデュアルタイプですが、より一層スポーツ性を際立たせたカーボンフィニッシャーとなっています。

FUJITSUBO

スポーツマフラーでお馴染みのフジツボです。マフラーメーカーとしては老舗であり、品質は信頼できると評判が高いです。

当然S660にもスポーツマフラーのラインアップがありますが、他メーカーと比較すると個性的なテール形状なのが特徴です。

AUTHORIZE RM

この真円1本出しスタイルに魅了される人は多いはず。パイプ径が42.7φ-45.0φと細いのが特徴的。他メーカーでは2本出しスタイルが多いので、個性を出したい方には最適だと思います。

マフラーサウンドも乾いた快音を放つばかりか、トルクアップを実感するユーザーも多いみたいですよ。それもその筈。フジツボは、マフラー純正時とマフラー交換時のスペックを公表しており、最高出力は67.7psから69.5ps、最大トルクは10.3kgmから10.9kgmと確かなスペックアップを果たしているのです。

ビジュアル良し・性能良し・価格良しの三拍子揃ったマフラーなので満足度は高くおすすめですよ!

AUTHORIZE K

オーソライズK

出典:https://www.fujitsubo.co.jp/

出口形状は「ラウンドスラッシュスクエア」と呼ばれる独特なもので、個性溢れるマフラーとなっています。

6MT・CVT共に適合。オーソライズRMより高めの価格設定ですが、まだ装着されているユーザーは少なそうなので、より一層個性を出したい場合はおすすめです。

柿本改(KAKIMOTO RACING)

カキモトレーシングは1975年に設立されました。スポーツマフラー界隈では有名ですね。レースで培った高い技術力とハイクオリティな製品は多くの信頼を生んでいます。

High Quality/High Value/High Spec という「3 HIGH」というコンセプトを掲げており、妥協を許さない姿勢には多くのファンが魅了されています。

ClassKR

オールステンレス製のセンター2本出しマフラー。柿本改ロゴをあしらい、ブルーグラデーションの焼き色が美しいですね。6MT・CVT共に適合します。

S660ユーザーの中でも、このマフラーはトップクラスの人気を誇ります。クオリティやコストパフォーマンスに納得される方が多いようですね。

GT box 06&S

ブルーグラデーションの焼き色が美しいシングル出しマフラーです。

ClassKRよりも価格も重量も抑えられているので、コストパフォーマンスは抜群のスポーツマフラーです。

BLITZ

1981年設立。ターボ、マフラー、エアクリーナー、コンピューター、エアロなど、様々なチューニングパーツを製造・販売するメーカーです。

東京オートサロン2016では、サーキットコンセプト「Spec C」と呼ばれるデモカーを展示してました。S660にかける想いは熱いですよ。

NUR-SPEC VS

NUR-SPEC VS - ニュルスペック VS

出典:https://www.blitz.co.jp/

落ち着いた雰囲気のあるSUS304テールエンドが上質なリアビューを演出しています。また、テールエンドはデュアルタイプなので、純正よりもさらにスポーツ性を向上することができます。

交換用マフラー事前認証制度を取得済のため、車検も問題なくクリアできます。サウンドも重低音が響く印象なので、スポーツドライブングを楽しくさせます。

NUR-SPEC VSR

NUR-SPEC VSR - ニュルスペック VSR

出典:https://www.blitz.co.jp/

高い耐久性と鏡面仕上げによる上質な輝きを持つSUS304製のステンレスマフラーです。テールエンドには、チタンカラーを施してあり、レーシーなリアビューを演出しています。

交換用マフラー事前認証制度を取得済のため、車検も問題なくクリアできます。サウンドも重低音が響く印象なので、スポーツドライブングを楽しくさせます。

NUR-SPEC C-Ti

NUR-SPEC C-Ti - ニュルスペック C-Ti

出典:https://www.blitz.co.jp/

テールエンドには超軽量チタニウム合金、その他はSUS304ステンレスを採用。高い耐久性とレーシーなリアビューを演出しています。

軽量チタニウム合金を採用しているにもかかわらず、「無限」よりも低価格を実現。交換用マフラー事前認証制度を取得済のため、車検も問題なくクリアできます。

ブリッツ S660 JW5 ニュルスペック C-Ti マフラー

価格:82,425円
(2017/6/17 08:53時点)

ROSSO MODELLO(ロッソモデロ)

ロッソモデロはスポーツマフラー製作メーカーです。マフラー製作のノウハウから、旧車から現行モデルまで対応したオリジナルマフラーの製作もしてます。

FORTUNA

テールエンドはチタン製、その他はSUS304ステンレス製のマフラーです。テールエンドを様々なカラーから選択できるのが特徴です。

新基準なのでアイドリングは静かですが、アクスルを踏んだ時のサウンドは評判が良く、焼けてくると結構なサウンドを奏でます。車検対応品です。

GT-FOUR

テールエンドはチタン製、その他はSUS304ステンレス製のマフラーです。テールエンドを様々なカラーから選択できることが特徴です。

GT-FOURの特徴は何と言っても、4本出しというインパクトのあるスタイルです。軽自動車とは思えないほどのリアビューは圧巻です。サウンドも評判よし、最高のマフラーです。

SEEKER(シーカー)

シーカーはホンダ専門チューニングショップです。熱烈なホンダ党ファンが多く存在します。当然S660専用パーツも発売されており、特にマフラーは他メーカーにない個性的なデザインを採用してます。

S.E.S. Muffler KIT for S660 “TRIDENT”

ステンレス製マフラー。デザインが独創的で、まるで楽器のような造形です。テールよりもパイプを見る方がうっとりしてしまいます(笑) 保安基準適合品(事前認証取得済み)車検対応です。

SURUGA SPEED(スルガスピード)

昭和39年・東京オリンピックの開催年に創業し、長い間多くの実績を積み上げてきた神奈川県横浜市のスポーツマフラー製造メーカーです。

主力商品としてPFSマフラーがあるのですが、マフラーに求められる様々な性能を高次元で実現したスポーツマフラーです。オーダーメイドマフラー制作も行なっています。

PFSループサウンドマフラー

他メーカーにはない独自の配管の造形美と、小排気量ターボエンジンマフラーとは思えない高音域のサウンドが魅力です。

まとめ

いかがだったでしょうか。かなり多くのメーカーからマフラーが販売されてるので非常に迷いますよね。

今後もまた新しいマフラーが登場すると思いますが、現状ラインナップも魅力溢れるマフラーがたくさん存在します。

ぜひ、S660オーナーの皆さんにはマフラー交換をしてもらって、スポーツカーライフをより楽しんでもらえればと思います。