先日、新型ジムニーの試乗をしました。走りや乗り心地においては満足できるものであり、なにより外観がかっこよすぎて欲しいです。

でも今買ったとしても、納期は未定らしい。どうやら発売1週間で年間目標台数を超えてしまったようです。

僕も最寄りのディーラーに新型ジムニーの納期を確認したのですが、未定とは言わないまでも1年以上先と言われました。

やはり従来型のモデルライフが長かったので、乗り換えるオーナーが多いのでしょう。またモデルライフが長かった分、新型ジムニーの進化度は高いですしね。

さて、僕は待つことにします。

2020年まで。

2020年に、スズキは創立100周年、ジムニーは誕生50周年を迎えます。

スズキにとって大きな節目の年となるので、新型ジムニーに特別仕様車が発売されると予想します。

ちなみに先代ジムニーでは、「ジムニー 80周年記念車(ジムニー発売30周年記念車) ワイルドウインド」が発売されました。

●「ジムニー 80周年記念車(ジムニー発売30周年記念車)ワイルドウインド」の主な特長

スズキ創立80周年記念に加え、ジムニー発売30周年(1970年4月初代モデル発売)も記念し、「XL」をベースに、内装・外観を上級仕様とした。

  • 専用スペアタイヤハウジング、サイドアンダーガーニッシュ、スキッドプレート、アルミホイールを装備し、車体色を2トーンカラー風としたスポーティーで質感の高い外観を採用。
  • 2DINサイズのMD/CD/カセットステレオを採用。
  • クォーター及びリヤウインドーガラスに、プライバシーを守るスモークガラスを採用。
  • 専用シート表皮、ホワイトメーターを採用し内装の質感を一層向上。

出典:http://www.suzuki.co.jp/release/a/a000518.htm

なので新型ジムニーでも、似たような特別仕様車が発売されるでしょう。

たぶん「XL」をベースに、LEDヘッドライトやヘッドランプウォッシャー、16インチアルミホイールなどが標準装備されたお得パッケージになるのではないでしょうか。

ただ、2020年まで2年もあります。もしかしたら増産する可能性もあるので、「買うか待つか」の判断は難しいところです。

とりあえず僕は「納期未定」と聞いて、一旦熱が冷めたので待つことにします。