ついに日本にもやってきました、YouTubeプレミアム。

あれ、YouTube Redは?

と思ったのですが、改称していたのですね。気づかなかった・・・

それはさておき、YouTubeプレミアムは有料サービス、月額1,180円で下記の特典を受けられます。

  • 広告なし
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • YouTube Music Premium(音楽サービス)
  • YouTube Originals(オリジナル番組)

「お得かも」と思われる内容です。

以前は「Google Play Music」を月額980円で利用していましたが、YouTubeプレミアムは音楽サービス「YouTube Music Premium」を包含しています。

「Google Play Music」と同額の音楽サービスが含まれての月額1,180円なわけで、+200円でその他サービスを受けられると考えれば「お得」でしょう。

僕はYouTubeに動画をアップする配信者となってから、視聴者として動画を楽しむ時間も増えてきたように思います。

なので3ヶ月無料トライアル体験後も、引き続き課金するでしょう。

だって広告なしで動画を見れるから!

アドブロックすることで広告なしで動画を見ることはできましたが、YouTubeプレミアムなら標準で広告なしにできます。

長めの動画を出している配信者は、一つの動画に対し複数の広告を入れてたりしますよね。

また広告かよ!

と思う視聴者もいるかと思いますが、配信者の動画が面白ければスキップしたりします。可愛い女の子が出てる広告だとそのまま見たりもしますがw

ともあれスキップするのは煩わしいものですが、広告なしならその煩わしさがありません。

結果的に動画をより楽しめることに繋がりユーザビリティ向上、視聴者にとっては大きなメリットと言えます。

好きな動画をオフライン再生でいつでも楽しめる!

毎日見たいほど好きな動画がある!

でも長い動画だからWi-Fiじゃないとなかなか見れないんだよね・・・

そんな場合に便利なYouTubeプレミアムの機能として、オフライン再生があります。

つまり動画をダウンロードし、端末に保存できます。

そうすればインターネット環境がない場所でも、いつでも動画を楽しめます。

バックグラウンド再生で動画をラジオみたいに聴ける!

他のアプリを開いても、YouTubeアプリで再生中の動画が停止しなくなります。

音声だけで楽しめる動画もあるので、その場合Kindleアプリで読書しながら動画の音声も聴くというのが可能になります。

僕はイケボ配信者の声だけ聴いたまま、他のアプリを開きたい場合にも使うかなw

音楽サービスを一本化できる!

これまでAmazon Music、Google Play Music、Apple Musicと使ってきましたが、あまり多くの楽曲を聞かない僕にとってはどれでも良かったのかもしれません。

むしろ音楽サービスに課金しなくてもいい人間でしたが、たまに音楽を聴きたいという時、結局いずれかの音楽サービスを利用することになるのです。

しかしYouTubeを楽しむ時間が多い僕にとって、「YouTube Music Premium」を包含するYouTubeプレミアムはスマートです。

音楽を聴くことがなくなっても解約する手間はないし、音楽を聴くことがなくなっても損した気分にはならないです。

広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生ができるだけでも月額1,180円の価値は感じられます。

いずれも工夫で使えた機能ですが、一つのアプリで使うことができるのは快適ですよ。

YouTubeで映画やドラマが見れるかも?

YouTube Originalsは現状、日本向けではありません。

しかし今後は「Amazonプライム・ビデオ」のように映画やドラマが見れるようになるかもしれません。

そう考えると月額1,180円はリーズナブルと思います。

配信者にとってはどうなんだろう?

YouTubeプレミアムは、視聴者にとってはお得サービスと言えるでしょう。

しかし、自分の動画に広告を入れることで収益を得ていた配信者にとってはどうなのか。

広告が入らなければ動画が再生されても収益にカウントされない認識でしたが、あくまでYouTubeの収益の一部が配信者に支払われる認識が正しいでしょうか。

広告より課金の方がマネタイズしやすいのかな。

ともわれコンテンツの質が悪ければ配信者でもある僕はさようならってことですねw